Instagram自動集客化ツール

[オーナーレビュー]みんな気になる車、フォルクスワーゲン・アルテオン。外装、内装、走り心地、乗り心地や燃費など。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

今回はツイッターで仲良くさせていただいているしゃげんさん(@mbclaclass)がCLA 180 AMG Lineからアルテオンに乗り換えられたのでオーナーレビューをお伺いしてみました。一度もお会いしたことがない僕なんかの為にお時間を割いていただきこの場ではありますがありがとうございました。今回はアンケート式でお伺いしたのでそのままコピペと補足や一言を添えて記事化していきます。

さて、フォルクスワーゲン・アルテオン。

気になっている方多いんじゃないでしょうか?あのルックスと馬力+4WDで600万円。かなり挑戦的な価格だと思いますね。

僕自身もかなり気になっているモデルではあるのですが試乗の機会に恵まれず引き延ばしていたのでこのレビューを記事にできることは非常にうれしく思います。

さて、前置きはこの辺にして本編へ進みます。

気になる車、アルテオンのオーナーレビュー。外装、内装、走り心地、乗り心地や燃費など。

しゃげんさんの購入されたアルテオンは最上位モデル「ARTEON R-LINE 4MOTION Advance」

アルテオンの展開はグレードが2種類展開のみ

2リッターターボモデル(280馬力)

  • ARTEON R-LINE 4MOTION :549万円
  • ARTEON R-LINE 4MOTION advance :599万円

おもいきった展開ですよね、ベースグレードと上位グレードの差が50万円ありますが、「そりゃ仕方ないわな」という装備の差です。

  • 20インチアルミホイール
  • 運転席助手席後席左右シートヒーター
  • シートマッサージ機能(運転席)
  • Active Info Display
  • ヘッドアップディスプレイ
  • パークアシスト
  • ダイナミックライトアシスト
  • ダイナミックコーナリングライト
  • スタティックコーナリングライト
  • エリアビュー

逆に上位グレードのアドバンスに装備できるメーカーオプションが「サンルーフ」のみと充実度がうかがえます。

「ARTEON R-LINE 4MOTION Advance」その実力は如何に!?

レビュー車:ARTEON R-LINE 4MOTION Advance

アルテオンのスペック

  • 車名:アルテオン
  • グレード:R-LINE 4MOTION Advance
  • サイズ:全長×全幅×全高=4,845mm×1,875mm×1,435mm
  • 最小回転半径:5.5m
  • 駆動方式:4MOTION(四輪駆動)
  • サスペンション:前:ストラット後:マルチリンク
  • トランスミッション:7速DCT
  • 型式:ABA-3HDJHF
  • 排気量:1,984cc
  • 最高出力:206[280]/5600
  • 最大トルク:350[35.7]/1700
  • 車両重量:1,975kg
  • 0-100加速:5.6秒
  • 車両本体価格:599万円

2Lの4気筒エンジンでありますが、0-100加速は普通にDセグメントの上位パワートレーンと同じくらい速いですね。

サイズについてはそこそこ大きいです。やはりフォルクスワーゲンのフラッグシップともなればこれくらいの大きさでも仕方ないと思います。

思いのほか最小回転半径が5.5mと取り回しし易そうというのも良いです。

アルテオンの競合車

アルテオンのライバルを探してみると同門のアウディ・A5スポーツバックとBMW4シリーズクランクーペくらいかしか思いつかないんですよね。その二台と比較してみようかと思います。対象スペックは「価格」ですのでグレード股は駆動方式はバラバラになります。

比較対象1

  • 車名:A5 スポーツバック
  • グレード:2.0 TFSI sport
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4750mm×1845mm×1390mm
  • 最小回転半径:5.5m
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • サスペンション:前マルチリンク後マルチリンク
  • トランスミッション:7速DCT
  • 型式:DBA-F5CVKL-F5ABDG
  • 排気量:1,984cc
  • 最高出力:140[190]/4200
  • 最大トルク:320[32.6]/1450
  • 車両重量:1,805kg
  • 0-100加速:7.5秒前後
  • 車両本体価格:603万円

今回はFFの0-100加速がなかったのでクワトロモデルの加速動画です、やっぱはえーな。

アルテオンとA5スポーツバックを比較します。

アルテオンのサイズ:4,845mm×1,875mm×1,435mm

A5SBのサイズ:4750mm×1845mm×1390mm

思いのほかサイズは一回りくらいアルテオンが大きいですね、最小回転半径は同じ5.5mなのでちょっとびっくり。

0-100加速については歴然の差がありますが

アルテオン:5.6秒

A5SB:7.4秒

となりかなりの差があります。価格を合わせて比較しているのでアルテオンが4WD、A5SBがFFとなりますが歴然の差ですね。

馬力も90馬力ほどアルテオンが優勢ですのでここは致し方ない部分、ここをクワトロに合わせると252馬力は5.8秒でそれでもアルテオンには叶わない状態です、ちなみにクワトロモデルとなると686万円。

全部乗せのアルテオンとオプション無しのA5SBとの比較になり価格差はさらに広がります。

A5クーペには試乗済みですが、あれほど感動を覚えた車も中々無いといえるほどジェントルかつスポーティな車でした。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にアルテオンが優勢。
  2. サイズはアルテオンの方が大きく、A5の方が日常ストレスを感じることは少な目?
  3. 競合として書いていますがスペックなどを揃えると200万近い差額が生まれるのでちょっとこれはどうかとも思います。

比較対象2

  • 車名:4シリーズクランクーペ
  • グレード:ベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,640mm×1,825mm×1,395mm
  • 最小回転半径:5.4m
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット後マルチリンク
  • トランスミッション:8速AT
  • 型式:DBA-4D20-4D31
  • 排気量:1,915kg
  • 最高出力:135[184]/5000
  • 最大トルク:270[27.5]/1350
  • 車両重量:1,915kg
  • 0-100加速:7.5秒
  • 車両本体価格:601万円

アルテオンと420iを比較します。

アルテオンのサイズ:4,845mm×1,875mm×1,435mm

420iのサイズ:4,640mm×1,825mm×1,395mm

A5と比較するよりもサイズ差が広がっていてだんだんと競合車として正解なのか不安になってきましたが続けます。二回りくらい違うサイズですがBMWはDセグメントでも最もサイズがコンパクトなのでそういった部分が反映しているのかもしれませんね。

0-100加速については歴然の差がありますが

アルテオン:5.6秒

420i:7.5秒

となりかなりの差があります。先述のA5と同じように価格を合わせて比較しているのでアルテオンが4WD、420iがFRとなりますが同じような結果ですね。

馬力も96馬力ほどアルテオンが優勢ですのでここも致し方ない部分、4シリーズでは何故か高パワーモデルに4WD設定がないので430i Gran Coupe Luxuryに合わせるとA5と同じく252馬力は5.9秒でそれでもアルテオンには叶わない状態です、ちなみに430i Gran Coupe Luxuryとなると729万円。A5よりめっちゃ高くなりますね。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルクはやはりアルテオンが優勢。
  2. サイズについては420iの方が
  3. 価格はどちらも装備面では優秀(込み込みなので)ですが、やはり最終的が高くなりアルテオンが如何に費用対効果に優れるのかが分かりますね。

アルテオンの外装

ここからはしゃげんさん(@mbclaclass)の感想となります。

一度町でアルテオンを見かけた時、アウディやメルセデス、BMWにはないデザインの印象をうけました。実際に購入して町を走っていても他の方の視線はすごく感じ、水平基調のデザインは派手すぎず、オシャレだという印象です。

藤:やはりというか、アルテオンの外装で感じるところですよね、もう単純に「かっこいい」スタイリッシュですよね。特にしゃげんさんの仰るように水平基調でありながら流麗なクーペスタイルは男の子的には目で追っちゃいます。

アルテオンの内装

フォルクスワーゲンに乗られている方はアルテオンの内装見ても同じだと感じる事が多いようですが、CLAと比べ普段使う機会のないボタンが無くスッキリとしており室内にマッチし落ち着いた外装と同じく高級感があるな。と言った印象です。

僕はメルセデスからの乗り換えですので、CLAには無かったタッチパネルや、アンビエントライト、そして何よりCLAではステアリングに備わるメルセデスベンツ特有のコラムシフトレバー。これがアルテオンではセンターコンソール位置に備わるのが嬉しいですね笑

フォルクスワーゲンの内装は初めてなので、全てが新鮮でとても楽しいカーライフです。

藤:内装についてはCLAとの比較でスイッチ類がすっきりしているとのこと、僕も何度かCLAに乗りましたがボタン類が結構多くてメルセデスベンツ、Cクラスと比較するとかなり細々としている印象でした。先進性満載のアルテオンはやっぱ満足度が高いんですね!

アルテオンの乗り心地・走り心地

まだ280馬力の4駆を感じる走行はしていませんが、タイヤが245/35R20の割に街乗りのコンフォートモードやエコモードでの走行はCLAと比べても変な突き上げ感もなくとてもスムーズです。そして遮音性が良いのかとても中は静かです。

一度スポーツモードに入れましたが、足がギュッと。締まりステアリングもずっしりと食いつくような重さになったのでスポーツモードはスポーツモードでとても楽しそうな印象です。

やはり乗った方、オーナーでないと判断できない乗り心地や走り心地は聞いていて面白いですね。

乗り心地も良く走りについてスポーツモードをチョイスすれば楽しめるとか、費用対効果だけでは納得できない車の性能についても高いレベル。

280馬力全開を使うにはクローズドコースじゃないと無理ですよね、そもそも0-100が5秒台ですからね。

オーナーレビューまとめ

今の日本人が1番気にする所であろう燃費。

あの車格で街乗り16キロほどでました。

これは輸入車からしたらかなり良い数字だと思いますし、あの値段で先進装備が多く付いており、メルセデスやその他メーカーと比べたら劣るところは多くのあるのでしょうが、

アルテオンでも限りなくそれらに近い性能だと思います。

安全面などでもこれはすごい。と感じる事が本当に多くあります。

本気で走りを楽しみたい方には少し物足らないかもしれませんが、僕のような多少走りを楽しみたいレベルであれば、

藤:280馬力、4駆、先進性、全体的な広さ、ある意味での希少性、何よりそれらが標準で付いてのその値段。を考えてもかなり満足のいく車である。と言うことは強く思います。

めっちゃ気になる実燃費がノアハイブリッドより良いw

ちょっとひきますね、そんなに燃費いいならほんとに積極的に選びたくなる一台ですね。

多分なんですが「本気で走りを楽しむ人」というのは実は少数なんじゃないか?と僕は考えていて、それはあまりにも日本の道と法律が「向いていない」からなんですよね。

じゃあクローズドコースで走ればいいという意見もありますが、わざわざ時間をかけて行く人がどれだけいるのか?というのもありますよね。

だから、「そこそこ走ればいい」という需要の方が多いと思うわけです、スタイリングもかっこよく先進性も高い、エマージェンシーではなくちゃんと使える後部座席など、アルテオンって魅力の塊みたいな車だと思います。

改めてオーナーレビューにお応えくださったしゃげんさん、本当にありがとうございます。

迷惑と言われようとも岐阜行きますw

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。