プジョー 308 SW GT BlueHDi。500万円以下で最もバランスの良いワゴン。

プジョー 308 SW GT BlueHDi

[試乗]プジョー 308 SW GT BlueHDi。500万円以下で最もバランスの良いワゴン。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougai)です。

前回はイタリア車のアルファロメオ ジュリアスーパーに試乗させてもらったわけですが、今回はフランス車、プジョー。

プジョーは傘下にシトロエン、クライスラーを持つフランスの自動車メーカーで、通称「PSA(プジョーシトロエン)」と呼ばれています。

また、プジョーは車種名にワゴン・セダン・コンパクトには「x0x」、SUV・ミニバンには「x00x」となる規則性があるのが特徴で今回の308SWはワゴンタイプ、また3008となるとSUVとなるといった感じです。

xにはセグメントもしくはサイズを示し、ヨーロッパを含む販売したい主力車種には8、新興国などで販売するモデルには1をつける規則性があり、日本で販売されるプジョーは8がついているので主力車種を売りたい意向の様です。

今回は中核を成す308に試乗。

パワートレーン・グレード展開が多く8種類。(限定車除く)

308 Allure:2,799,000円

308 GT Line:3,170,000円

308 SW Allure:3,047,000円

308 Allure Blue HDi:2,990,000円

308 GT Blue HDi:3,570,000円

308 SW Allure Blue HDi:3,247,000円

308 SW GT Blue HDi:3,818,000円

「SW」が付くモデルはステーションワゴンで付かないモデルは5ドアハッチバックとボディ形状が変わります。パット見た感じではちょっと区別できないです(大きな違いとしてテールランプの形状などです)

「GT」は想像通りスポーティなエクステリアやインテリア、そして「スポーツドライブパッケージ」を装着しているモデルという位置づけ。

「Alluure」はベーシックモデルという位置づけですね。フランス語ではアリュールと発音し「歩き方」という意味。ちなみに英語ではアルーアと発音し意味は「魅惑」。僕個人的には「魅惑」の方が強かったです。

 

前述のように308 SW GT Blue HDiは最高グレードモデルです、今回ステアリングを握らせてもらいましたがその実力は如何に!?

 

試乗車:プジョー  308 SW GT BlueHDi

試乗した場所:プジョー東大阪

プジョー東大阪さんにて試乗させて頂きました。

当日飛び込みでの試乗でした、この日僕はツイッターにて仲良くさせていただいているマッキーさんとアルファロメオ ジュリアを試乗したのですが、ディーラーが隣同士だったこともあって突撃試乗と相成りましたが、営業さんがとても車に詳しく&愛が深い方で非常に勉強になりました。

この場を借りてお礼申し上げます。

プジョー308 SW GT BlueHDiのスペック

 

  • 車名:308SW
  • グレード:GT BlueHDi
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,600mm×1,805mm×1,465mm
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • トランスミッション:6速AT
  • 型式:LDA-T9WAH01
  • 排気量:1,997cc
  • 最高出力:133[180]/3750
  • 最大トルク:400[40.8]/2000
  • 車両重量:1,785kg
  • 0-100加速:8.0秒
  • 車両本体価格:381万1000円(税込)
  • 試乗日:2018年03月18日

スペック表を眺めてみますと、サイズが日本の道にの許容範囲くらいですね。

ちょっと驚きなのはDセグメントに搭載されるエンジンとそう変わらない出力を持つこと。

メルセデスベンツC220d(170馬力)でBMW320d(190馬力)やジャガーXE20d(180馬力)などの馬力では同等もしくは上回っている。

じゃあトルクで負けてるんじゃないの?いやいや、今挙げた中ではジャガーXE20dのみ43.8kgf・mと高い数字ですが、ジャーマンスリーだと互角なわけです。40.8kgf・mとなっており十分太いトルクだと思います。

重量では308SWが100㎏ほど軽いので、楽しみでありますね。えぇ

プジョー308 SW GT BlueHDiの競合車

さて、先述していますがジャーマンスリーを代表するDセグメントクラスと同程度の馬力とトルクを持つ308SWGTBlueHDiですが、ガチンコライバルは?となると結構限定されます。

308SWという括りだけならばフォルクスワーゲンゴルフヴァリアントだとかレヴォーグやアクセラ、同じフランスで言えばルーテシアなどが挙げられますが、ここで注意すべきはディーゼルであるということ。

僕個人的には経済性で言えば取得税と重量税が100%免税され、自動車税も来年度分まで75%減税されてさらにCEV補助金の対象という「補助ばっかじゃねーか」と嬉しい面ももさることながら日常使用速度においてディーゼルエンジンの力強さは「ちょっと踏みたい」という欲求に素直にレスポンスをくれる最高のエンジンじゃねーかと思っている節があるんでここはディーゼル対決ということでかなり絞ってみたいと思います。

検討候補、競合車種をざっと書き出してみると、こんな感じ。

輸入車および国産車

メルセデスベンツ C220d

メルセデスベンツ C220d レザーパッケージ。欧州エントリーセダン中最も豪華絢爛。

2018.05.06

BMW 320d

マツダ アクセラ22XD

とりあえず書き出していきます。

比較

  • 車名:320d
  • グレード:高すぎるのでベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,645mm×1,800mm×1,440mm
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • トランスミッション:8速AT
  • 型式:LDA-8C20
  • 排気量:1,995c
  • 最高出力:140[190]/4000
  • 最大トルク:400[40.8]/1750
  • 車両重量:1,825kg
  • 0-100加速:7.6秒
  • 車両本体価格:562万円(税込)
  • 試乗日:2016年09月23日

308SWGTBlueHDiと320d。価格どころかセグメントすら大きく違いますがディーゼルというところで比較をしてみました。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力やトルクは320dが馬力は優勢です、重量については50㎏ほど軽い308SWGTBlueHDiが優勢。
  2. サイズにおいてはプジョーが僅かに横幅があるものの全長については45㎜ほど長いといったところです。
  3. 馬力・サイズともに大きくは変わりませんが、価格については本体価格だけで200万円近くの差があります。

もちろん価格だけが大きく離れているわけではありません、内装の質感はさすがに320dが勝ります。もちろん後部座席の広さも然り。

BMW 318i ラグジュアリー。1.5Lエンジンだから何?とにかく乗ってみろ。

2018.08.25

[1日試乗モニター]BMW 320d ツーリング ラグジュアリー。ディーゼルの評価は高くサイズもばっちりな一台。

2018.08.14
  • 車名:アクセラ
  • グレード:22XD L Package
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,470mm×1,795mm×1,470mm
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • トランスミッション:6速AT
  • 型式:LDA-BM2FS
  • 排気量:2,188cc
  • 最高出力:129[175]/4500
  • 最大トルク:420[42.8]/2000
  • 車両重量:1,795kg
  • 0-100加速:7.0秒前後
  • 車両本体価格:308万円(税込)

308SWGTBlueHDiとアクセラ 22XD L Package は価格は80万円差があります。双方FFです。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共に近いスペックをもっています。
  2. サイズに関してはアクセラの方が一回り小さいですが、308SWも取り回しに苦労しないと思います。
  3. 双方FFであり、双方の馬力・トルクも近いので実質ライバルはアクセラかもしれませんね。

320dは試乗済み、アクセラは1.5Lガソリンは試乗したのですがディーゼルはまだなのでいつか試乗したいと思います。

マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVE。Cセグ中でもかなり楽しい一台。

2018.10.04

プジョー308 SW GT BlueHDiの外装

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 斜めから

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 半顔

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 正面

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 ロゴ

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 ミラーはカラーが違う

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 更に斜めから これ以上斜めってのはないくらい斜め

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 純正ホイールも中々かっこいいじゃないか

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 リア斜めから

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 マフラーは二本だし

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 バッジに「GT」

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 ロゴ「ペウゲット?NOプジョー」

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 バッジ「308」

プジョー308SW GT BlueHDi 外装 リア

撮影枚数と上手に撮影できなかった為youtubeから拝借しています。

僕はプジョー308のエクステリアはどこか国産車に近い特徴があるように感じるのですね、おそらくはフロントグリルが日産やスバルの形に近いところに既視感があるんでしょうね。

フランスのコンテ地方にあるベルフォール要塞を一望する丘の上にある彫刻=「ベルフォールのライオン」と呼ばれプジョーのグリルとなっています。

デザインは自由の女神の作者でもあるフレデリック・バルトルディです。

では何故ライオンのエンブレムなのか?

ライオンは10世紀頃まで、ヨーロッパ各地にも棲息しており、世界共通で強さの象徴にされています。
有名なマーライオンや、日本の狛犬・シーサーといった、守り神としても大切にされてきました。
その為、王家の紋章や国旗にも多く使用されています。
会社の製品である鋸の謳い文句として

「鋸の刃の堅牢さは、ライオンの歯のごとく」

「鋸の刃のしなやかさは、ライオンの強靭な肉体のごとく」

「鋸の刃の切れ味の良さは、獲物に飛びかかるライオンのごとく」

と表しています。

製品の素晴らしさをライオンに喩え
また、ライオン自体を会社の守り神とする為に
ロゴに採用したとされています。

また、ベルフォールのライオンも、丘の上からコンテ地方を見守る守り神としての役割を持ち、ドイツとの戦争で
最後まで反抗し続けたコンテ地方の勇気と強さを讃える為に作られました。

その為、戦後復興の兆しとしてのベルフォールのライオンをモチーフにすることで
多くの人に愛されるプジョーのロゴになったのではないでしょうか!

プジョー沼津さんより

見た目においてワゴンとハッチバックモデルがありますが特徴的なのがリアのライトの形状。

ハッチバックは爪痕のようなデザインでワゴンタイプは上記の様な感じです。

ハッチバックタイプのリアライト

先述のように国産車比較で違和感をあまり感じなりデザインでありながら現行プジョーに共通するフロントフェイスで他と被ることは少なそうですね。

サイドのシルバーメッキモールが高級感に貢献しており個人的にはポイント高いです。

プジョー308 SW GT BlueHDiの内装

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 コックピットはこんな感じ。

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 先進的なコックピット

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 シフト周りはすっきりしている

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 シフト周りにはエンジンスタートボタンとスポーツモード用ボタン電動サイドブレーキが備わる。

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 ステアリング

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 ペダル

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 前席シート

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 ドアの質感も高い

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 後部座席も結構広い

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 室内灯はLED

プジョー308SW GT BlueHDi 内装 後部座席の室内灯もLEDだ

内装の質感は高いと断言できます。ソフトパッドを多用しているので触れる部分でプラスチッキーだと感じること少ないかと

ハード面でのボタン類は少なく非常にすっきりとした印象でナビに詰め込まれている感じですね。

特徴的だったのが高級フルグレインレザー巻きステアリング。握りの触感は良い感じで径が小さくメーターパネルがステアリングを超えた位置からみえるわけで僕にとって初めての体験でした。もちろんスポーツタイプのグレードになるのでパドルシフト装着済み。

シートについてはアルカンターラとテップレザーの質感は高く、張力は硬すぎず柔らか過ぎずランバーサポートも有り腰に難のある方にオススメ。

ペダルはアルミ加工がなされていますが吊り下げタイプ。

そしてやはりというべきかシトロエン試乗の際にも「これは必須だわ」と感じたのがオプションですが「パノラミックガラスルーフ」

プジョーシトロエンの十八番とでも言うのか二台しか試乗していないのでなんとも言えませんが今のところこの二台の試乗車には装着されており解放感などは抜群です。日常的に使うかどうかは分かりかねますが、これがあるだけでも運転するのが楽しみになるオプションだと思います。

全体的な印象としてはこざっぱりとまとめられた内装は質感も良いしスポーティな演出に一役買う赤いステッチやパドルシフト、またあとで後述しますが「スポーツモード」はめちゃくちゃ楽しく運転できるので絶対必須です!また室内灯すべて白LEDなのも最近の車だなあと感じさせる装備。

ただしネガをあえて言うなら広い室内空間であるのにその大半を占める後部座席の送風口が設けられておらずここはアテンザに譲る部分(もちろん目指す部分ではないことは分かっていますが)

ナビゲーションシステムは触っていないのでなんとも言えませんが、どうもクセのある部分だそうです。。。

プジョー308 SW GT BlueHDiの乗り心地・走り心地

プジョー308 SW GT BlueHDiのインプレッションです。

外装内装を見て回り、いざ試乗車に乗り込みます。

しっかりとしたシートに座り込み電動操作と手動操作で位置調整を行いますがちゃんとばっちり決まりミラー類を調整します。

試乗車の為エンジンはオン状態でしたので一度エンジンオフにします。

改めてブレーキを踏み込みセンターコンソールのシフトレバー手前にあるエンジンスタートボタンを押し2.0Lディーゼルターボエンジンに火を入れます。

正直に言えばディーゼル特融のガラガラした音の侵入はありますし、ちょっとの振動もあります。がそこまで気になるレベルでは無く、むしろ少し昔のガソリンと大差ないです。

電動式サイドブレーキはアクセルを踏むと解除されるのでシフトを「D」へ入れアクセルを踏み、いざ発進です。

まずは、ディーラーから車道へ出る際の段差は勾配のある下り坂だったのですが、18インチのタイヤとは思えないショックの入りで驚かされますね。

車道へ出ます。

幹線道路沿いのディーラーさんだったのですが交通量は少なかったので営業さんにアクセルを踏む確認をしておもいっきり踏み込んでみますが、ターボのラグがややあり思わず笑みがこぼれる力強い加速とエンジン音が車内に侵入を許しますが不愉快だt感じることはありませんでした。

前を見ても何も走っていない幹線道路は気味が悪かったのですがw

法定速度までドンと加速しそこから巡航します、回転数も落ち着き車内はディーゼルとは思えない静けさに。

低速から中速での乗り心地や振動・音などアクセル操作次第といったところですが、それでも十分許容範囲でした。

308には一部グレード(GT LINE,GT BlueHDi,SW GT BlueHDi)にドライビングセレクト「ドライバースポーツパック」というものが備わり、しばらく直線を楽しんだ後、信号待ちで営業さんに促されてシフトレバー隣にある「SPORT」ボタンを少し長押しすると左右にあるメーター表示が鮮やかな赤色で表示されます。そして真ん中のマルチファンクションディスプレイに「トルク」「ターボブースト」「パワー」と「前後左右にかかるG」がリアルタイムで表示されます。変更される部位としては「パワーステアリング」「アクセルレスポンス」「シフトチェンジレスポンス」が変更されます。

アクセルを踏み込んで気づくのは明らかに排気音が変わりアクセルの踏み込みに対して加速力が増していること。加速感は他のメーカー同様ギアを低く保ち回転数を高くするタイプですね。

レーンチェンジやカーブを高い速度で試してみるとノーマル状態よりもステアリングが重くなり操作に対してのレスポンスが良くなっていることがうかがえます。猫足というイメージだったのでややロールがあるのかと思っていたのですが剛性感があるので安心してステアリングを操作できます。いやーステアリングが小さいことは正義なんじゃないか?と思うほど扱いやすい。

スポーティな走り心地になりながらも乗り心地は破綻せず硬すぎないのですが心もとないというわけでもない乗り心地。

めちゃくちゃ良い車やんか!と一緒に試乗していたツイッターでも仲良くさせていただいているマッキーさんと興奮していました。

[カメラ]アウディS1オーナーとデートした件とかっこいい写真撮れた撮影スポット。

2018.06.19

またこの日アルファロメオジュリアに試乗していたのですがジュリア試乗時よりもはるかに長い試乗ルートでありましたので結構堪能できたのはいい経験だったとディーラーさんに感謝したいと思います。

アルファロメオ ジュリア スーパー。200馬力FRのDセグメントとしては完成度高し。

2018.06.05

しばらく走ってディーラーに戻り、駐車も試しましたがかなり車が込み合っており駐車がしにくい状況だったので営業さんに交代し試乗終了となりましたが小さなステアリングはやはり狭い道や場所でも操作しやすかったです。

試乗を終え僕が思ったのこととして。

「308はもっと売れていい車だ!!!」ということ

先述の競合車、ライバルについてはアクセラやBMW320dを比較に出してみましたが、加速性能に関しては欧州Dセグメントで展開されるディーゼルよりも感覚的には優れているんじゃないか?と感じましたし室内の広さも然り。

特筆すべきはスポーツドライブモードの導入によって侵入する音の質が明らかに変わるのは演出とはいえ日ごろの運転中の感情を一変させるものなんじゃないかと感じました。

乗り心地:308の試乗前にジュリアスーパーに試乗していたのですが、さすがにジュリアに譲りますがレヴォーグよりかは良いんじゃないかと思われます。これがフランス車プジョーの所謂猫足というのは納得できませんしスポーツモデルが猫足なのはちょっと不安ですしね。

走り心地:競合にも据えていましたが、感覚的にアクセラに近い走り心地だったように思います。というのも運転していてめちゃくちゃ気持ちが盛り上がる走りでありまして、それは演出面でもそうですしDセグメントよりも軽いという面でも然りです。楽しい乗り心地って重要ですね。

NVH(ノイズ・ヴァイブレーション・ハーシュネス):少々の侵入はあるもののそれぞれの特徴として。ノイズはエンジン音の侵入はあるものの不快ではないですし、ヴァイブレーションも然りです走ればほぼ感じない。ハーシュネスは路面や外部からの音や振動の侵入は遮音がきいているもののやっぱり高い速度になると入ってきますね。ただ高い速度域のときにはスポーツドライブモードにして排気音でごまかすのもありです。

プジョー308 SW GT BlueHDiの価格・見積もり・支払い

308SWGTBlueHDiに関しては見積もりのみとなります。

308SWGTBlueHDi

308SWGTBlueHDi

2WD FF
¥3,818,000(税込)

実際に見積もりを頂いたので書き出していきます。

内訳

車両本体価格:3.818.000円

オプション

プジョーメンテナンスプログラム:70.200円

プジョー extended warranty:93.960円

パールペイント(外装色):81.000円

SDメモリーナビゲーションシステム:196560円(作業料金):37.800円

ETC車載機:22680円(作業料金):14040円

オプション合計:516,240円

付帯費用:157,870円

支払い総額:4,492,110円

これはめちゃくちゃリアルな金額といえそうですね。

ちなみにプジョーの金利はディーラーさんごとにキャンペーンを行っていますのでその都度買い時が違うかもしれないのでお近くのディーラーさんにご確認してみるのがいいかと思われます。

また支払い見積もりはこんな感じです。

支払いプラン 頭金50万円 ボーナス払い無し 残価設定プラン

  • 3年後に残ると予想される価値:1,800,000円(=本体価格381万円×約48%残るとして計算)
  • 月々の支払い62,900円

Dセグメントといい勝負する価格帯ですね、まあ3年なので1月あたりの支払が大きくなるのは必然か。

では5年で同じ条件だとこうなります。

支払いプラン 頭金50万円 ボーナス払い無し 残価設定プラン

  • 5年後に残ると予想される価値:1,080,000円(=本体価格318万円×約29%残るとして計算)
  • 月々の支払い51,000円

おお、これはかなり負担が軽く済みそうですね。

プジョー308 SW GT BlueHDiのまとめ

その日プジョーに試乗する予定はなかったのですが、マッキーさんの提案でプジョーさんへお邪魔させて頂きましたナイス提案!正直めちゃくちゃ良かった。舐めてたわというのが本音です。

おそらく期待値が失礼ながら高くなかったこととそれに反して車の出来がめちゃくちゃよかった差もあってか、感動しきりでした。

以前にシトロエンC4グランドピカソを試乗したことを思い出したのですが、国産危うしだなあと。

というのも商品のレベルとしてドイツも然りですしフランス、イタリア。。いや正確には各メーカーは国産には無い味での勝負をガンガン仕掛けているのに対し、国産なのに国内に対しての重きをあまり置いていない感じがするんですよね、サイズとか。

ここでCセグメントあたりに本気を出しておかないと、見事に食われちまうんじゃないかと心配になりますが、そうなったらそうなったときだなとも思います。

今後も伸び行くであろうCセグメントクラスには新たなニュースにメルセデスベンツのAクラスやアウディ新型A1など販売ボリュームを持つ車種が入ってきます。

これからは輸入車は高級車ではなく、コスパの高い乗り物として認識されるんじゃないかと思います。

その筆頭にはゴルフや今回の308などが群雄割拠してくるのではないかと。

本当に良い車でした。もっと売れてええんやで。と腹の底から思います。

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。