Instagram自動集客化ツール

日産 ノート e-POWER。試乗インプレ、乗り心地と走り心地。

[試乗]日産 ノート e-POWER。試乗インプレ、乗り心地と走り心地。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

日産 ノート e-POWER。試乗インプレ、乗り心地と走り心地。

2018.09.05

日産 ノート e-POWER。外装と内装をチェック

2018.09.04

日産 ノート e-POWER。スペックと競合車、アクアとデミオ比較。

2018.09.03

ノート e-POWERのインプレッションです。

アウディディーラーからお借りしたノート e-POWERで最初は横乗りインプレッション。

最初は同乗していただいたS1オーナーさんが運転したのですが、やはりCMなどでも有名なアクセルペダル操作だけでブレーキまでかかるでのその制御に相当苦労されていましたね、僕もなんとなくイメージはしていたのですがそれを大きく上回る制動力だったのでちょっとびっくりしました。最初は「あれ?この方は久々のATだから戸惑っているのかな?」と思うほど(S!オーナーさんはMTをチョイスされているので)

すぐに確認しなければ!!と思い立ったのはリアに装備される「ブレーキランプの点滅」

ブレーキペダル操作をしていないのにここまで強烈なブレーキングだと後続車が追突してもおかしくないくらいの減速なのでヒヤヒヤしながらブレーキランプを確認しましたがさすがは日産、ちゃんとアクセルペダルのみでの減速でもランプの点滅はなされていました。

しばらくして僕がハンドルを握り改めて試乗インプレッションです。

横乗り時にも感じていましたが、ノートのシートはファブリックは薄く、硬いです。

ちょっとRが強いカーブなどだと体がずれることがありますね。サイドサポートは「気持ち」ある程度です。

ステアリングの質感は価格相応という感じですが握りはちゃんと小指がしっかりと掛かるデコボコもあるので良い滑り。

エンジンをかけてみますがしばらく走っていたからか発電の為にエンジンが作動しないので非常に静か。これはノアハイブリッドなどとも通ずる部分ですがさすがに静かです。

シフトは少し特殊な円形に収められたモノですが、サイドブレーキは手動ですw

操作はトヨタハイブリッドと変わらない移動で戸惑うことなく操作できます。

Dへ入れ出発。

クリープで少し動かしますが、ここはナチュラルで良くできていると思います。

そこからアクセルを操作するとすぐにエンジンが始動し車内に音や振動は入ります、先述の様にアクセルレスポンスは良いのですが完全にアクセルオフにする前から強い目のブレーキが効きます。

放置するとそのまま停車し、アクセルを踏むと制動力は無くなり推進力が発生します。

ドライビングセレクト「エコ」ではアクセルオフ時のそれなりの速度になると制動力は緩やかになる模様。

例えば時速30キロからアクセルオフにすると10秒もすれば停車しますが、時速80キロだとその制動力が緩やかになり時速50キロになるまでにはゆっくりと減速していくという感じですね。

ちょっと特殊な操作感は未来感もあって面白いです。

足はしっかりとしていてそれなりにショックは入りますが、やはりここも価格相応。

以前から抱いていた「キビキビ走る感」はちょっと薄いものの加速力は結構すごいんじゃないかと思います。

上の画像は公式サイトから引用したものですが、ドライビングセレクトは「エコ」「ノーマル」「S」とありますが、最も慣れていない頃に運転しやすいのは当然ノーマルで、慣れてきだすと「S」が運転しやすいですね。

アクセルのみで運転が可能になるのは画期的でちょっとこれは一般的な試乗では時間が足りないし良さが伝わらないように思います。

1時間ほど運転しましたがかなり慣れてブレーキを踏む場面は1.2回くらいでアウディへ到着しました。

以上で試乗終了となります。

試乗を終え僕が思ったのこととして。

「新たな試みは十分に実用的」ということ

ノートe-POWERは挑戦し、そして成功した稀有なモデル。

アクセルペダルのみで停車までを行うことが出来て、コンパクトカーの室内、乗り心地、走り心地など価格相応にバランスされてますね。

2018年上半期最も売れた車というのも納得です、ちょっとネガを言うなら競合車比較で価格も挑戦的でありますね。それでも202万円の車と考えるなら納得です。

乗り心地:価格相応ですね、アクアの方が乗り心地自体は良い様に思います。

走り心地:加速については全くのストレスを感じず気持ち良くてトヨタハイブリッド(プリウスやアクア)では味わえない加速です。特筆すべきブレーキですがドライブモードによってかなり影響されますが、慣れれば十分に使える代物です。

NVH(ノイズ・ヴァイブレーション・ハーシュネス):発電の為にエンジンが始動しますが、その音はそれなり侵入しますね、外部から進入する音もそれなりに入ってきます、日産が謳う2クラス上の静粛性とは路面状況が整っておりエンジン始動していない時のデータだと思います。

ノート e-POWERの試乗インプレッションでした。

日産 ノート e-POWER。試乗インプレ、乗り心地と走り心地。

2018.09.05

日産 ノート e-POWER。外装と内装をチェック

2018.09.04

日産 ノート e-POWER。スペックと競合車、アクアとデミオ比較。

2018.09.03

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。