[試乗]BMW 420i グラン クーペ M Sport。「3シリーズのクーペ版」では済まされないスポーティ性。

[試乗]BMW 420i グラン クーペ M Sport。「3シリーズのクーペ版」では済まされないスポーティ性。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

前ブログのリライト記事です。

「4シリーズ?あぁ3シリーズのクーペ版ね」と思っていた時期が僕にもありました。

まず簡単に320iとの比較でいけば、よりアクセルレスポンスがよくなっていてハンドルは軽め、室内空間は「ゆとり」という面では3シリーズに譲るが、スタイリッシュさや囲まれ冠は強めになっている。操作性やサイズ感は大きく変わらず日常使いも非常に楽という印象でした。

またライバルであろう、A5との比較でいけば、取り回しという点で見れば4シリーズが有利ですね、操作性や安全性については先進性をアピールするアウディのこの前にフルモデルチェンジされたばかりにはやや不利です、ただFRとクワトロを比較するのはどうかと思いますが、走行していて軽快に走れるのはやはりBMW、アウディはコンフォートで高級感がある味付けとなっている印象ですね。

今回試乗させてもらったのは最上位モデル「X2 xDrive20i M Sport X」です。

パワートレーンは3種で、グレードも3種、駆動方式は2WDと4WDはモデルによって変わる展開です。

420i グラン クーペ:¥6,010,000
420i グラン クーペ Luxury:¥6,400,000
420i グラン クーペ M Sport:¥6,420,000
420i xDrive グラン クーペ:¥6,330,000
420i xDrive グラン クーペ:¥6,720,000
420i xDrive グラン クーペ M Sport¥6,740,000
430i グラン クーペ Luxury:¥7,290,000
430i グラン クーペ M Sport:¥7,460,000
440i グラン クーペ Luxury:¥8,640,000
440i グラン クーペ M Sport:¥8,800,000

今回ステアリングを握らせてもらうのはエントリーパワートレーンモデル 420i グラン クーペ M Sportです。その実力は如何に!?

試乗車:420i グラン クーペ M Sport

試乗した場所:BMW OSAKA 城東鶴見店

BMW OSAKA 城東鶴見店さんにて試乗させて頂きました。

この日はあいにくの雨だったのですがA5の試乗後数日で「4ドアクーペ」への試乗熱があがってしまったのでちょっと無理いって試乗させてもらいました。

この場を借りてお礼申し上げます。

420i グラン クーペ M Sportのスペック

  • 車名:420iグランクーペ
  • グレード:Msport
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,640mm×1,825mm×1,395mm
  • 最小回転半径:5.4m
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット後マルチリンク
  • トランスミッション:8速AT
  • 型式:DBA-4D20-4D31
  • 排気量:1,915kg
  • 最高出力:135[184]/5000
  • 最大トルク:270[27.5]/1350
  • 車両重量:1,915kg
  • 0-100加速:7.8秒
  • 車両本体価格:642万円(税込)

「ただの3シリーズのクーペスタイルにしただけやろ?」と思われがちですが、ボディ外装に共通して使われているパーツ数は全然なくて
なんと一個しか共通パーツってなくてボンネットだけなんですね。
こんな事をおしえてくださったのは、BMWで導入されている「ジーニアス」と呼ばれる「販売をしない商品を知り尽くしたエキスパート」の方と試乗させていただいたからなのです。。

この「ジーニアス」という存在を生み出したBMWはすばらしい取り組みやなと感じさせるのが、まず「ガツガツこない事」それは営業職ではありえないのですが、営業職ではないジーニアスは商品知識が普通のセールスさんとは別次元でお持ちです。(もちろんセールスさんもご存知なのですが)

共通パーツなんてほとんど一緒やろ!と思っていた僕は衝撃を受けましたもん。

高級車メーカーもこういった存在を導入すると足を運びやすく感じるのではないかなと思います。

420i グラン クーペ M Sportの競合車

4ドアクーペとなると同セグメントではかなり絞られアウディA5程度なのですが、もう一台選ぶとすればやはりメルセデスのCLSクラスですね。ちょっと車格が違うのでなんとも言えませんが比較していきましょう。

比較対象1

  • 車名:A5 スポーツバック
  • グレード:2.0 TFSI sport
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4750mm×1845mm×1390mm
  • 最小回転半径:5.5m
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • サスペンション:前マルチリンク後マルチリンク
  • トランスミッション:7速DCT
  • 型式:DBA-F5CVKL-F5ABDG
  • 排気量:1,984cc
  • 最高出力:140[190]/4200
  • 最大トルク:320[32.6]/1450
  • 車両重量:1,805kg
  • 0-100加速:7.5秒前後
  • 車両本体価格:603万円

420iとA5を比較します。

420iのサイズ:4,640mm×1,825mm×1,395mm

A5SBのサイズ:4750mm×1845mm×1390mm

A5の方が気持ち大きめですね。取り回しについてもA5の方が0.1mほど最小回転半径は大きめです。

0-100加速についてはなんと同じでして

420i:7.8秒

A5SB:7.5秒

動画はクワトロモデルなので圧倒的に速いのですが、FFでも調べてみると7.5秒ほどとのことでしたのでA5の方がやや早い模様。

馬力差はそこまでないのですが、トルクはA5の方が多いようです。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にA5の方が優勢で、0-100についてもA5の方が勝ります。
  2. サイズは似たようなものですがA5の方が全長、全幅ともにちょっとだけ大きいです、4シリーズについては最小回転半径が5.4mとなっているのでそこまで取り回しに苦労することはないかと思われます。
  3. 価格を合わせようとA5をクワトロモデルにするととてえもではないのですが性能面での差がすごくなりますので今回はこのモデルとの比較にしました。

比較対象2

  • 車名:CLS220d
  • グレード:Sports
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 5.000mm×1,895mm×1,430mm
  • 最小回転半径:5.4m
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • サスペンション:前マルチリンク後マルチリンク
  • トランスミッション:9速AT
  • 型式:LDA-257314C
  • 排気量:1,949cc
  • 最高出力:143[194]/3800
  • 最大トルク:400[40.8]/1600
  • 車両重量:2095kg
  • 0-100加速:7.4.秒
  • 車両本体価格:799万円

この動画はEクラスのものですが同じパワートレーンなので近い数字だとおもわれますので参照ください。

420iとCLS220dsportの比較です。

420iのサイズ:4,640mm×1,825mm×1,395mm

CLS220dsportのサイズ:5.000mm×1,895mm×1,430mm

明らかに比較すべき車ではないですねw本来なら6シリーズあたりと比較検討なのでサイズはもちろんCLSの方が大きいですね。

そういえばメルセデスベンツはこのクラスの4ドアクーペださないのかなとわずかに期待しています。

420i:7.8秒

CLS220dsport:7.4秒

ディーゼルとの比較ですが420i善戦してますよね、1つ上のクラスとの比較なのに・・・というよりCLSがなんだか遅いという印象です。

もちろんキャラクターなどもあるのでなんとも言えませんが。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルクはCLSが優勢(当然)0-100のタイムについてはチトCLS遅くね?w
  2. サイズについてノーコメント
  3. 車格及びコンセプトももちろん違いますので価格差はあります、150万くらい違いますね。

A5スポーツバックについては試乗済みですのでまた後日アップします。

420i グラン クーペ M Sportの外装・内装を一気に見よう

今回はあまり撮影枚数がないこともあり一気に画像アップしていこうと思います。


3シリーズと比べて大きな差はあるのか?街中でチラッと見ただけで違いがわかるのか?と問われればオーナーくらいしか違いに気づけないんじゃないかと思うほど小さな差ですが、そばで見てみるとやっぱりちょっと違いますよね。
ライト下部が少し出ているのが4シリーズ
ライト下部がすぐに折れているのが3シリーズですね。

大きな違いという面ではないかもしれませんが、こういった小さな違いを生むコストはやはり馬鹿にはできないものがあります。

かっこいいですよね。アグレッシブさを前面に「走る」を意識させるデザイン。
3シリーズとの差はほぼないもののフォグ周りに少し違いを出していますね。
アンダーのスポイラーがちょいと変わっていますね。

サイドに拵えたこの加工が流麗さを演出し、BMWの走りを彷彿させるデザインですね。ドアお開けてみると、くびれるようにプレスラインが入っています。

外装については3シリーズベースであることには変わらず、こういった面はA4とA5よりパンチという面ではあまり無いですね。
そういった面ではあまり差異は一般ユーザーからすればほとんど一緒のように思われるかもしれませんが、乗り比べて分かるという意味では乗り心地や走り心地のほうが明確にでている部分。ただもう少し差を出してもいいんじゃないかとは思います。

内装に関しては囲まれ感が強くなった程度であまり3シリーズから考えればあまり変わらないですね、A5との比較で言えば装備面ではかなり劣っているという印象ではありましたね。
前述の通りA5の最近にフルモデルチェンジを受けたのでこれに関しては仕方が無い部分ですね。次期4シリーズには期待ですね

概ね3との変更点はフロントガラスが大きく寝ていることですね。
天井の高さも低いため窮屈だと感じる人もいるでしょうが、これは演出として受け入れるべき点かなと思います

Mスポーツをチョイスするとシートのサイドの張り出しを調整できるスイッチが追加されるのです。ちなみにドイツ仕様の場合はランバーサポートが付くようでしてちょっと納得がいきませんw

BMWのハンドル、ここは変わらず、メーター類がデジタル表記となっています。
これは3シリーズ以上の車種は全部デジタル表記になるのですが、以前に試乗した3シリーズはアナログでしたので、こういった所がクーペをベースにした差異ではありますね。

ここは同じでMスポーツはオルガンペダルでそれ以外は吊り下げ式となります。
僕個人的にはラグジュアリーでも選択可能にしてもらいたかった部分。

ドアのサッシュレスは正直かっこいいです。

内装の質感などに関して言えば概ね3シリーズと変わる部分ってのは無くて、室内空間がやや狭くなっている程度でしたね。
A5との比較で優れていると感じたのはソフトパッドが贅沢にしようされているところですね。

420i グラン クーペ M Sportの乗り心地・走り心地

BMWジーニアスの方を伴って試乗となりますが、3シリーズは以前に試乗していたのでレクチャーは簡単に済ませていざ出陣、

クリープからゆっくりとアクセルを開放していきます、ディーラーの出口の段差では意外に柔らかく感じさせるセッティングなのか?としなやかに振動をいなします。
ハンドルについて軽く取り回しのし易い感じですが、遊びがあるというわけでも無くリニアには反応します。
ディーラーから出たところから信号までは距離があり、車もなかったので、「踏み込みます」と確認し(コンフォートモード)で踏み込むのですが、これまた意外にも優しい加速、小気味よくシフトアップしていき、信号まで到達、少し道にウネリがある場所を走ってもやはり意外にもロードインフォメーションを感じさせない、というよりもコンフォートな印象、もちろんコンフォートモードで走っているからそう感じるのかもしれないのだけれど、それでも想像以上に優しい乗り味。

この時点で「あれ?4シリーズってちょっと思ってたのと違うな。。」という感想に。

少ししてから幹線道路へ、ここでジーニアスさんから「スポーツモード」で走行を進められて、さて、「踏み込みます」と確認しアクセルを踏み込んでいくと先ほどまではコンフォート感は一気に無くなりダイレクト感が強くなり、ロードインフォメーションもコンフォートより強いが不快だと感じない程度には大きくなる、遮音は変わらず、エンジン音のみしっかりと聞かせ、その存在を大きく変貌させる仕様に変更されましたね。

ハンドルは依然軽いままですが、それは「60キロまでの世界の話で100キロ近くなるとしっかりとしっとりし出す」とジーニアスさんからお伺いしました。
パドルシフトで回転数に合わせシフトを操作、これが「気持ち良い」「運転している!」と感じさせる演出に、以前に試乗したフェラーリのカリフォルニアでの試乗の時にも感じたものと近いのかもしれませんね。

[試乗記]フェラーリ・カリフォルニアT。ハンドル握ってアクセル踏め。話はそっからだ。

試乗コースはやや混み始めるのですが、このスポーツモードとコンフォートではかなり大きく性格が変わるので、低速ではコンフォートにして走るのが良いかも、10~30キロ程度なら、そこから加速できる状態ならすぐにスポーツで楽しむのも一興かと思われます。

ディーラーに到着し駐車から停車までをさせていただき試乗終了、

正直に僕が感じたのは、180馬力だと少し、このスタイリングだから、クーペをベースにしているのだから、と2つ上のパワートレーンを求めてしまいたくなるのも「分かる、分かりすぎる」という感想ですね。
確かに必要十分ではあるのかもしれないですが、このスタイリングに合わせるなら440iが至上かなと思います。6気筒のBMWを運転したことの無い僕が想像するに4気筒をいくら馬力を上げても追いつけない「何か」があるのは先人たちのお話を聞けば分かるお話です。懐古主義ではありませんが、一度は経験してみたいパワートレーンではありますね。

走り等に関しては「BMWの走り」とはこういうものなのかが分かる一台ですね。
ただモアパワーと言わざるを得ないというのも一つ。

以前の3シリーズでは同じパワートレーンでもそう感じなかったのですが、本当に少しの差異でここまで表情を変えるとは、感情を動かされた(6気筒326馬力)にも試乗したいわあという結果に。
なんでこんな味付けを少し変えただけでここまで感想が変わるのか?不思議な1台ではあありましたね。

420i グラン クーペ M Sportの価格・見積もり・支払い

420iの見積もりを公開します。許可済みです。ただし過去記事リライトなので価格上昇していますのであくまでも参考にとどめてください。

420i グランクーペ Msport

内訳

車両本体価格:6.280.000円

オプション

サンセットオレンジ:82.000円

ファストトラックパッケージ:280.000円

innovation×2:86.400円

ETC ITSセットアップ料:3.546円

オプション合計:488.164円

保証及び付帯費用:555.630円

支払い総額:7.287.594円

これくらいの価格になりますが基本的な装備はまるっと入ってますのであまりオプションはお金かけなくてもいいのかな?と思います。

支払いプラン 頭金270万円 ボーナス払い無し 残価設定プラン5年後に残ると予想される価値:2.152.500円(=本体価格515万円×約34%残るとして計算)

  • 月々の支払い49800円
  • セダンで5年後の残価率34%って結構いいのでは?

ちょっと頭金を多くいれることになりますが、ふむむ。

例えば280万円あれば中古で3シリーズが買えてしまいますのでちょっと商品力と価格のつり合いが悪いのかなと感じます。

420i グラン クーペ M Sportのまとめ

A5に試乗させてもらったし、同じ「4ドアクーペ」に試乗しようと思っての試乗でしたが、こちらはエクステリアデザインではクーペだと意識させるスタイリングではなかったにも関らず運転席に座ると、感想が大きく変わる結果に「面白い車つくるよな」と思いましたね。

どんな人におすすめか?

やはり、このスタイリングはA5でも感じたおじさまが乗っていてほしい一台ではありますね。
僕が乗るには少し早いんじゃないか?というのも正直な所ではありますね。
ですが、所有してみないと分からないというのもあるので1年後の財政状況によるとしかいえませんね。

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。