Instagram自動集客化ツール

[試乗記事]メルセデス・ベンツ GLC200 クーペ Sports。ライバルとは違うものを目指すか?

[試乗記事]メルセデス・ベンツ GLC200 クーペ Sports。ライバルとは違うものを目指すか?

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

前ブログのリライトです。

メルセデスベンツのミドルサイズSUVに試乗してきましたのでインプレッションをしていきます。

BMWではX4(X3)、アウディではQ5と競合となる車種であり、走りの質感や乗り心地に対してシビアにならざるを得ない価格帯となります。

試乗を申し込んだ日はアウディQ5との試乗もしており、各社の目指す車作りを体感できたのもいい経験でありました。

メルセデスではボディタイプがSUVの車種には「GL」そして後ろにはクラスを意味する「A.C.E.S」そして「GL」が付かない単独モデル「G」クラスがラインナップされています。
今回試乗させてもらったのはその中でも中核モデルのCクラスベースのSUVつまり「GLC」クラスとなります。

今回試乗させてもらったのは最上位モデル「GLC200 Coupe Sports」です。

GLC(ワゴンタイプ)

  • GLC200:5,970,000円
  • GLC200 Sports:6,370,000円
  • GLC220 d 4MATIC:6,280,000円
  • GLC220 d 4MATIC Sports:6,830,000円
  • GLC220 d 4MATIC Sports(本革仕様):7,450,000円
  • GLC250 4MATIC Sports:7,020,000円
  • GLC250 4MATIC Sports(本革仕様):7,690,000円
  • GLC 350 e 4MATIC Sports:8,730,000円
GLC (クーペ)
  • GLC200 Coupe:6,270,000円
  • GLC200 Coupe Sports:6,670,000円
  • GLC220 d 4MATIC Coupe Sports:7,130,000円
  • GLC220 d 4MATIC Coupe Sports(本革仕様):7,750,000円
  • GLC250 4MATIC Coupe Sports(本革仕様):7,990,000円
  • GLC350 e 4MATIC Coupe Sports:9,030,000円
全グレードの共通標準装備
  • レーダーセーフティパッケージ
  • 360度カメラシステム
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト)
  • アダプティブハイビームアシストプラス
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • SRSエアバッグ[運転席・助手席]
  • アルミニウムボンネット
  • プライバシーガラス[後席左右・リアウインドウ]
  • 分割可倒式シート(分割比率40:20:40)「後席]
  • スポーツステアリング
  • 本革巻き(ナッパレザー)マルチファンクションステアリング(パドルシフト付)
  • 可変スピードリミッター
  • EASY-PACKクイックフォールド・自動開閉テールゲート
  • クライメートコントロール(前席左右独立調整)
やはりメルセデス、安全性においては他の追随を許しませんね。
他メーカーだとオプション扱いになるものが基本標準されるあたりに「最善か無か」が体現されているように思います。
  • ベースグレード

ワゴンタイプとクーペタイプで少し仕様が変わります。
内装のシートではワゴンタイプは標準シートはファブリックとなり、クーペタイプはレザーARTICOと呼ばれる、本革の質感を持ちながらお手入れがし易く、耐久性も高い合成合皮が使用されています。もちろんシートヒーターは装備されており、前席は電動シート、ステアリングは本革巻。
エクステリアでは18インチ5スポークアルミホイールが採用されます。

  • Sportsグレード

DINAMICA
前席と後部座席の左右のシート座面とバックレスト中央部がスウェード調のファブリックが使用されておりそれ以外はレザーARTICOのコンビとなり、ダッシュボードにもレザーARTICOが使用されています。
エウクステリアでは19インチAMG5ツインスポークアルミホイール、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リップスカートMOEXtended(ランフラット特性タイヤ)が採用。

  • Sportsグレード(本革仕様)

全席にシートヒーターとヘッドアップディスプレイ、更にエアバランスパッケージ(空気清浄機能とパフュームアドマイザー付)
パノラミックスライディングルーフとガラススライディングルーフ、burmesterサラウンドシステムが採用。

今回ステアリングを握らせてもらうモデルは最高グレード GLC200 クーペ Sportsです。その実力は如何に!?

試乗車:GLC200 クーペ Sports

試乗した場所:メルセデス・ベンツ大阪西淀川

メルセデス・ベンツ大阪西淀川さんにて試乗させて頂きました。

今回始めての訪問でしたが好意的な対応いただきまして、この場ではありますが御礼申し上げます。

この場を借りてお礼申し上げます。

GLC200 クーペ Sportsのスペック

  • 車名:GLC200 クーペ
  • グレード:Sports
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,735mm×1,930mm×1,605mm
  • 最小回転半径:5.7m
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • サスペンション:前マルチリンク後マルチリンク
  • トランスミッション:9速AT
  • 型式:DBA-253342C
  • 排気量:1,991cc
  • 最高出力:135[184]/5500
  • 最大トルク:300[30.6]/1200
  • 車両重量:2,045kg
  • 0-100加速:7.4秒前後
  • 車両本体価格:679万円
  • 試乗日:2018年07月07日

動画はGLC200のものではなく海外仕様の250です、200の0-100動画がなかったんですけど調べると7.4秒前後とのこと

サイズは全長×全幅×全高=4,735mm×1,930mm×1,605mm
ホイールベース 2,875mm
最低地上高(未積載時)) 180mm

X6が開拓した「SUV×クーペ」ジャンルを切り込むDセグメントSUVはどれほどのものなのか?
試乗に参りたいと思います。

GLC200 クーペ Sportsの競合車

GLCとなるとSUV×クーペですのでこれらをピックアップしていきます。

何で条件を合わせるのか?を考えてみますとやはり「価格」と思いますので、「近い価格のSUV×クーペ」をピックアップしていきます。

比較対象1

  • 車名:ポルシェ・マカン
  • グレード:ベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm)4,680mm×1,925mm×1,625mm
  • 最小回転半径:5.6m
  • 駆動方式:4WD(四輪駆動)
  • サスペンション:前マルチリンク後マルチリンク
  • トランスミッション:7速DCT
  • 型式:ABA-J1H1-2701
  • 排気量:1,984cc
  • 最高出力:185[252]/5000
  • 最大トルク:370[37.7]/1600
  • 車両重量:2,105kg
  • 0-100加速:6.7秒前後
  • 車両本体価格:699万円

ベースモデルの0-100がなかったのでマカン・ターボの0-100加速なんですが4.7秒てwwちょっとマカンターボ速すぎるでしょう。

GLC200 クーペ Sportsとマカン・ベースモデルを比較します。

GLC200 クーペ Sportsのサイズ:4,735mm×1,930mm×1,605mm

マカン・ベースモデルのサイズ:4,680mm×1,925mm×1,625mm

ほとんど変わらないサイズ感ですが全長だけがGLCの方が5mm長く最小回転半径は0.1mほどマカンが優勢です。

0-100加速については同じ速度で加速していきますね。

GLC200 クーペ Sports:7.4秒

マカン・ベースモデル:6.7秒

ちょっとマカンの方が速いですね、馬力が70馬力くらい離れてるからそりゃそうですよね。

マカンはまだ試乗できてないのでちょっと気になってるんで、ちょっと時間みつけていってみたいと思います。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にマカンが優勢で0-100も準じます。
  2. サイズは全長だけがGLCが長くなってますが、取り回し等はそこまでかわらないのでは?と思います。
  3. 価格差については順当かな?と思います、スペック的に。ただポルシェは「オプション商売」と言われており、オプション付けないと相当ひどいそうなので装備面ではGLCの方がはるかに高級感があると思います。

 

比較対象2

  • 車名:X4 xDrive30i
  • グレード:ベースモデル
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,760mm×1,920mm×1,620mm
  • 最小回転半径:5.7m
  • 駆動方式:4WD(四輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット後マルチリンク
  • トランスミッション:8速AT
  • 型式:CBA-UJ20
  • 排気量:1,998cc
  • 最高出力:185[252]/5200
  • 最大トルク:350[35.7]/1450
  • 車両重量:2,115kg
  • 0-100加速:6.4秒
  • 車両本体価格:764万円

X4 30iの0-100加速動画がなかったのでM40iの動画です、0-100までの加速は4秒ちょい、ぶっとんでやがる。

GLC200 クーペ SportsとX4 xDrive30iの比較です。

GLC200 クーペ Sportsのサイズ:4,735mm×1,930mm×1,605mm

X4 xDrive30iのサイズ:4,760mm×1,920mm×1,620mm

サイズ感はさすがガチンコって感じですね。

0-100加速について全然違いまして

GLC200 クーペ Sports:7.4秒

X4 xDrive30i:6.4秒

X4は廉価モデルですら2Lで254馬力のエンジンを搭載し、かつxDriveの4WDシステムを搭載しますのでちょっと純粋な勝負ではないです。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にX4が優勢です。
  2. サイズについては先述のようにガチンコです。
  3. 価格差と動力性能の差がちょうど均衡している状態ですね。

ただX4とGLCクーペで日本でのパワートレーン展開が少し違っていてGLCの場合は2リッターガソリンモデルのチューンアップ版がないんでスペック上での比較ができません。

マカン、X4ともに気になる車でして近いうちに試乗させてもらおうと思います。

GLC200 クーペ Sportsの外装

僕はこの車の一番の見所だと思っているサイドビュー。
クーペなのに背が高い、足回りの逞しさとボディの流麗さがミスマッチのように見えて美しく融合されているように感じます。これは賛否分かれる部分でもあります。

ラゲッジ容量は491Lで最大(シートを倒すと)1400Lと積載に関してはちょっとコンパクトカーよりも少し乗るだけ、とちょっとこのクラスで考える不利になるかもしれませんが、スタイルが「クーペ」であることを考えれば致し方ない部分です。

マフラーは二本出しでメルセデスらしくアンダーカバーもメッキと「ラグジュアリー」な印象はSUVであっても他の追随を許しません。

外装に対しての印象は「クーペ+SUVはアリすぎる!」

メルセデスの押し出し感は最低地上高が高くなったので更に強くなり、サイドビューは美しく、リアはちょっと大人しめです。

GLAでの試乗やCクラスの試乗では感じなかった「押し出し」を強く感じた次第です。

4,735mm×1,930mm×1,605mmという結構大きなサイズを持ちますが、この日となりにGLEも展示されており視覚効果で小さく見えましたが、今考えると大きいですww

GLC200 クーペ Sportsの内装

概ねCクラスセダンと変わるところはありませんでしたがリアシートについてはクーペスタイルであるのにかなりゆったりとした広さをもっており、デザイン性と機能性が高いという印象です。

X3やQ5と比較すると少し劣っている部分もあり、リアの送風口はアナログなダイヤル式のGLCですが、X3はデジタル表示とシートヒーターなどのスイッチを導入。
Q5にしても然りでリアにはデジタルではないものの、温度調節できるスイッチが導入されていたりとちょっとライバルが最近のフルモデルチェンジで差がついてしまった印象ですね。

GLC200 クーペ Sportsの乗り心地・走り心地

外装と内装の写真を撮り終えてから試乗ですが、乗り込んでみると分かるのが他のメーカーと同様にSUV感が薄いということ。
乗降性は特にセダンと大きくは変わりません。

乗り込みステアリング奥の左側にあるプッシュ式エンジンスタートボタンを押し火をいれますが、遮音性は高く、その日試乗した最新のQ5に負けず劣らずなキャビンの静かさです。

ミラー類の調整をしますが、これはスタイリングの仕様なのですが後方視界、特にリアガラスはほとんど見えません。
これは致し方ないですね。

さて、メルセデスの洗礼=シートベルト装着時の巻上げを確認したらステアリングに配置されたコラムレバーをDに操作し出発です。

今回試乗させていただいたお店はすぐに車道ではなく、ディーラー内の道を通って裏道から試乗コースに移動します。

もちろん整備されたディーラー内の路面ではキャビンに不愉快な音や振動は一切ありませんでした。

さて、いよいよ車道へ出ますが、段差の受け止め方はさすがメルセデスと言えるほど小さなものでした。

少し入り組んだ住宅街と呼ぶには広い道から幹線道路へ出て、アクセルを徐々に踏み込んでいきますがドライブセレクト「ダイナミックセレクト」はコンフォートで走っていましたが、乗り心地は非常に良いのですがライバル各社BMW、アウディの同クラスと比較するとちょっとショックや音を拾いがちなような感覚。
そして、不整路面ではこれが顕著でちょっと期待値が高すぎたのか、少し残念に感じた部分ではありました。

そして、少し踏める道にさしかかったので「スポーツ+」に変更し踏み込んで見ます、どうにも回転数を引っ張って加速するタイプなのですが、ちょっと主観としてはどこかギクシャクした感覚に、車体の重さもあるのですがペダル操作に対してレスポンスが音だけという印象です。

もう一度コンフォートに戻しますが、個人的にはこちらの加速感や音などが好みであり「スポーツ+」はちょっと下道で使う場面に出会うことは無いだろうと感じ、気軽にドライブを楽しむにはちょっと向いていないモデルなのかも、という感じ。

ただし、取り回しについてはまさか全長×全幅×全高=4,735mm×1,930mm×1,605mmの巨体を操作している、という感覚は無くちょっと驚きでしたね。

モアパワーだと感じることはないもののCクラスセダンを試乗した経験からか(220dに試乗)、どこかギクシャクした感覚は最後まで拭えずに試乗終了です。

乗り心地:荒れた路面で多少はコツコツと突き上げるものはあり、期待値からもうちょっと頑張ってほしいところでした。

走り心地:これは先述のようにどこかぎくしゃくした制御で僕個人的に好きではなかったです。

NVH(ノイズ・ヴァイブレーション・ハーシュネス):セダンの方がそこらへんの遮音や制振性は高かったように思います。

GLC200 クーペ Sportsのまとめ

C220dでは感じなかったネガティブな部分はありましたがそれでも総合的(価格や標準装備された安全装備など)に見れば「良い車」であることには違いない車であり、所有欲を満たす一台だと思います。

ただし、GLC200を購入検討されている方にはまずはX3、Q5に試乗されることを強くオススメします。

やはり最新のデバイス、プラットフォームは馬鹿に出来ず正直走りに関してはBMW、アウディに譲るのが現状と言えそうです。

メルセデスの豪華絢爛な内装質感や「ベンツ」というブランドのみで購入を検討されているならセダンモデルのCクラスや上位モデルGLEに試乗されるのも良いかもしれません。

最後までネガティブなインプレッションとなりましたが、これは当然なのかも・・・と思う部分も。
それはやはり先述の様に「ライバル各社がフルモデルチェンジを受けた」という部分が非常に大きなウェイトを占めており、もし旧世代モデルとの比較であればもしかしたらメルセデス優位だったのかもしれません。
相対的な部分はあるかもしれませんが、主観ではありますが加速感のギクシャク感はGLC200独特だったと感じたのでパワートレーンが変わると全く換わるのかもしれませんので、別の機会にディーゼルモデルに試乗をしようと考えています。

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。