Instagram自動集客化ツール

[動画]メルセデスベンツSクラス CMにライオン起用。怖かわいい。

メルセデスベンツ SクラスのCMにライオン男が登場する動画のご紹介。

どうも、藤鴎外@fujiougaiです。

今回ご紹介する動画はメルセデスベンツのフラッグシップ「Sクラス」のCMです。

主人公がライオン頭という「これ作ったやつぶっ飛んでやがる」と思う設定なのですが、よくよく見ていくとライオンの比喩やSクラスオーナーの視点が見れて面白いです。

こんな動画

主人公は企業のトップ、経営者。

百獣の王ライオンと経営者を合わせてみたわけですね。

普通に怖いけどこういう人いますよね。

社内での会議に出席します。周りは普通の人間です。

秘書ポジションの人かわいいです。

モタつく会議にイライラし始めます。

食事は口に合わないし。草なんか食ってられるかみたいな感じですね。

でも秘書かわいいです。

部下はプレゼン資料をスクリーンに映し出しますが、これもスムーズにはいかない模様。

ここで鉛筆を折るほどブチ切れます。こんな経営者は嫌だ

電話相手にも喚き散らかし。

スマイリーのスクイーズもこんなに握っちゃう。

一番ストレス感じてるのこのスマイリーじゃないですかね。

もう帰ろう、ということで、ここでやっとSクラスの登場です。

ところが、渋滞にハマってしまい更に激怒することに。めっちゃ怒ってる怖い

ここでSクラスに搭載される「ムードチェンジテクノロジー」なるものを作動させると

車内のアンビエントライトの光度が変わり雰囲気が一転。

まずは、自分の好きな音楽がかかり。

おそらく、アロマディフューザーによりクールダウン。

シートに内蔵されるマッサージ機能で体をリフレッシュ。

落ち着きを取り戻します。

仕事のイライラを家庭に持って帰らない、そんな出来る男の1日だったわけですね。

経営者は常に孤独なもので、上手くいく日もあればストレスが多い日もあります。

ですが、メルセデスベンツの安全思想ではストレスが溜まった状態での運転は危険とされており、こういった「ドライバーのストレス軽減」を目的とした装備により、落ち着いた状態での運転ができるというメッセージなんでしょうね。

またライオン=経営者は強者のメタファーとして描かれており、現代のコンクリートジャングルにおいて企業のトップの一日を切り取った面白い動画だと思います。

強者にも悪い日はある、でもメルセデスベンツはその悪い日をリセットさせる装備と魅力がある車を作っている、そしてユーモアあふれるCMだなと感じました。

ラスト、このライオンの子供がでてきます。めちゃくちゃ可愛いので良かったら見てみてください。その時のライオンも怖いけどかわいいですw

動画をどうぞ!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。