Instagram自動集客化ツール

三菱 エクリプスクロス G。外装と内装の質感はライバルを引き離す。

[試乗]三菱 エクリプスクロス G。外装と内装の質感はライバルを引き離す。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

三菱 エクリプスクロス G。GグレードとGプラスグレードの見積もりと月々の支払を公開。

2018.08.30

三菱 エクリプスクロス G。試乗インプレ、価格相応の乗り心地と走り心地。

2018.08.29

三菱 エクリプスクロス G。外装と内装の質感はライバルを引き離す。

2018.08.28

三菱 エクリプスクロス G。C-HRやヴェゼルが対抗馬?スペックと競合車。

2018.08.27

に引き続きエクリプスクロスの外装と内装を見ていきたいと思います。

さて、エクリプスクロスは国内のコンパクトSUVというジャンルで分けられるわけですが、その筆頭がC-HRやヴェゼル、ジュークとされています。

ですが、C-HRとヴェゼルのスペック比較をするとどうにもサイズがエクリプスクロスの方が大きいのです。

その大きさを生かしたダイナミックな外装と、広さを有する内装を見ていきたいと思います。

エクリプスクロス Gの外装

エクリプスクロス 外装 正面

エクリプスクロス 外装 真横

エクリプスクロス 外装 真後ろ

エクリプスクロス 外装 ホイールは18インチ

ちょっと写真不足とクオリティが低かったので公式サイトとyoutubeから拝借します。

エクリプスクロスのサイズは全長×全幅×全高(mm) 4405mm×1805mm×1685mm

と「コンパクト」と呼ぶにはやや大きいサイズで、そのサイズがあるから結構ダイナミックなデザインとなっています。

フロントフェイスはアウトランダーに共通するフロントグリルを採用しており、ヘッドライトもグリルとシャープに繋がり吊り上がった目元になっています。

Gグレード以上のグリルにはピアノブラック塗装されたものが使用されて高級感があります。

ワイドさが強調されたフォグランプは車格が1つ上に感じるほどダイナミック印象。

またサイドから見るとちょっと背が高いクーペルックでルーフからリアにかけてなだらかに下がってリアに降りていくのですが、リアがかなりサイドから見ると筋肉質。

リア側から見るとボルボっぽいライトの配置で後方からの視認性は高そうです。

フロントのインパクトに比べるとちょっと物足りない感じもするリア、外側から見ても分かるのですが、リアウィンドウが二分割されており、室内から見ると結構視認性良くて、これはこれでアリだと感じました。

僕個人的な感想は、エクリプスクロスのエクステリアはフロント、サイドはインパクト有りでかっこいいと思いますが、リアはインパクトに欠ける。でもトレードオフで実用性、安全性の高いデザインだと思います。

エクリプスクロス Gの内装

エクリプスクロス 内装 運転席回り

エクリプスクロス 内装 運転席回り(横から)

エクリプスクロス 内装 運転席 ステアリング周り

エクリプスクロス 内装 運転席 センターコンソール周り

エクリプスクロス 内装 ペダルは吊り下げ式

エクリプスクロス 内装 運転席ドア

エクリプスクロス 内装 後部座席ドア

エクリプスクロス 内装 後部座席の広さ

内装に関しても2018年上旬に発売されたモデルとあってライバルに負けない質感を持ちます。

運転席周りはセンターにスイッチ類をまとめ、すっきりした印象で、ステアリング右脇にもスイッチ類がありますが、これらは基本的に安全・便利機能類のスイッチを配置。

ただデザイン上仕方ないのですが下の方のスイッチを触る時センターの両脇を走るモールが操作の邪魔になることもあるかと思います。

ちょっと驚いたのはダッシュボードやドア周りにはソフトパッドをしっかりと設えられていて、C-HRよりもはるかに高級な印象。

さすがにあまり操作しない部分にはソフトパッドは利用されないものの、運転席に座るたびプラスチッキーさに寂しさをあまり感じないデザインとなります。

ステアリングは径が大きく握りやすいと感じました、又ステアリングに配置されるスイッチには追従クルーズコントロールや音量操作、電話に出るなどのスイッチがあります。

シートはファブリックでしたが、滑りにくいシートでオプションでシートヒーターまで付けることができます。

後部座席コンパクトSUVジャンルでも特筆の広さを持ちますが、ひとつ残念なのが送風口が付いてないので、夏場の暑い車内で室内が広いから冷えにくいという面もあり、ここは是非つけてもらいたかった装備。

ドアを見てみると前席とは割り切っており、ソフトパッドは使用されずプラスチックが利用されていました。

ここは仕方ない部分かと思います。

僕個人的な感想は、エクリプスクロスのインテリアは割り切った前後の質感に目を瞑っても、価格や車格を考慮すればめっちゃ良いと思います。400万せずにこの質感はちょっとびっくりするレベル。すっきりとしたスイッチ類も良いしシフト周りもすっきりしてて好みのインテリア。

次は試乗インプレッションですので書け次第アップします。

三菱 エクリプスクロス G。GグレードとGプラスグレードの見積もりと月々の支払を公開。

2018.08.30

三菱 エクリプスクロス G。試乗インプレ、価格相応の乗り心地と走り心地。

2018.08.29

三菱 エクリプスクロス G。外装と内装の質感はライバルを引き離す。

2018.08.28

三菱 エクリプスクロス G。C-HRやヴェゼルが対抗馬?スペックと競合車。

2018.08.27

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。