Instagram自動集客化ツール

[オーナーレビュー]レクサスLC500hのオーナーレビュー。外装、内装、走り心地、乗り心地、評価など。

[オーナーレビュー]レクサスLC500hのオーナーレビュー。外装、内装、走り心地、乗り心地、評価など。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

今回もツイッターで仲良くさせていただいているパパやん(@papayan123_car)さんの愛車「レクサスLC500h」が納車され1年ということでレビューしてもらいました。

最近こういったオーナー様のレビュー記事を書かせてもらっており、お時間を割いてレビューを書いてくださる方々に巡り合えたことが幸せだと思うようになりました、改めてパパやんさんありがとうございます。

レクサスLC500みなさんいかがですか?(唐突)

僕は国産車の中だけでなく輸入車を含めてもトップクラスと言っていいほどの色気を感じる車でして非常に興味のある車です。

あの車体のセクシーさが試乗の心理的ハードルの高さをあげているのではないかと思うほどのプロポーション。

車ですけど抱かれてもいいわと思いますね。

さて、前置きはこの辺にして本編へ進みます。

レクサスLC500hのオーナーレビュー。外装、内装、走り心地、乗り心地、評価など。

LC500hの展開はグレードが3種類展開のみ

3.5リッターハイブリッドモデル(システム合計出力359馬力)

  • ベースグレード :1352万円
  • L Package:1352万円
  • S Package :1452万円

???ベースグレードとLパッケージが同じ金額の意味が分からず、価格.comとレクサス公式HPも見ましたが同額です。不思議やでぇ。

ちなみにSパッケージには

  • 可動式アクティブリアウィング

が装着されます、これってLFAにも装着されていた車速が高くなると自動で稼働するウィングですよね、分かる方教えてください。

パパやんさんがチョイスしたのはベースグレード(Lパッケージと同額なのでもはやどう呼べばいいのかわからない)「LC500h」その実力は如何に!?

レビュー車:LC500h

LC500hのスペック

  • 車名:LC500h
  • グレード:ベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高=4,770mm×1,920mm×1,345mm
  • 最小回転半径:5.4m
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • サスペンション:前:マルチリンク後:マルチリンク
  • トランスミッション:電気式無段変速機マルチステージハイブリッドトランスミッション
  • 型式:DAA-GWZ100-ACVBB
  • 排気量:3,456cc
  • エンジン:220kW (299PS)/6,600rpm
    モーター:132kW (180PS)
    システム最高出力:264kW (359PS)
  • エンジン:356N・m (36.3kgf・m)/5,100rpm
    モーター:300N・m(30.6kgf・m)
  • 車両重量:2.220kg
  • 0-100加速:5.5秒
  • 車両本体価格:1352万円

車重が2t超えてるのに5.5秒で0-100キロまで加速するってバケモンかよ・・・

サイズはフラッグシップモデルですから相当に大きいですね。でも最小回転半径は5.4mとDセグメントセダンくらいの取り回しのしやすさってすごいですね。

LC500hの競合車

LC500hのライバルを探してみました。賛否両論あるかもしれませんがちょっと書き出していきます。※大体価格で合わせていきます

比較対象1

  • 車名:Fタイプ クーペ
  • グレード:R-DYNAMIC
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4480mm×1925mm×1315mm
  • 最小回転半径:5.5m
  • 駆動方式:4WD(四輪駆動)
  • サスペンション:前ウィッシュボーン後ウィッシュボーン
  • トランスミッション:8AT
  • 型式:CBA-J608A-AG152/ZZAW
  • 排気量:2,994cc
  • 最高出力:280[380]/6500
  • 最大トルク:460[46.9]/3500
  • 車両重量:1,900kg
  • 0-100加速:3.7秒前後
  • 車両本体価格:1255万円

LC500hとFタイプを比較します。

LC500hのサイズ:4,770mm×1,920mm×1,345mm

Fタイプのサイズ:4.480mm×1.925mm×1.315mm

LCの方が全長については長く、全幅は同じくらい、全高についてはFタイプの方が低いですね。

0-100加速については歴然の差がありますが

LC500h:5.5秒

Fタイプ:3.7秒

価格を合わせて比較しているのですがハイブリッドモデルと純ガソリンモデルだとかなり差が出る模様。

パワー自体はそこまで30PSほどの差がありますが最も大きく影響しているのは車重ですね。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルクはパワートレーンが別物なのでちょっと比較しづらい部分ですねがFタイプの方が優勢。
  2. LCの方が全長は長いものの全幅は同じ、でも最小回転半径はLCが優勢。
  3. 価格が同じく高いのですが、ここは好みですねーわかんねえこの価格帯。

比較対象2

  • 車名:911カレラ
  • グレード:ベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,505mm×1,810mm×1,290mm
  • 最小回転半径:5.1m
  • 駆動方式:RR
  • サスペンション:前ストラット後マルチリンク
  • トランスミッション:7速DCT
  • 型式:ABA-991J1-1107
  • 排気量:2,981cc
  • 最高出力:272[370]/6500
  • 最大トルク:450[45.9]/1700
  • 車両重量:1,690kg
  • 0-100加速:4.6秒
  • 車両本体価格:1309万円

0-100動画じゃないのですが走行動画です、はえーなおい。

LC500hと911カレラを比較します。

LC500hのサイズ:4,770mm×1,920mm×1,345mm

911カレラのサイズ:4,505mm×1,810mm×1,290mm

LCよりもサイズは一回り小さい911カレラですが、ラグジュアリー性とスポーツ性で対極の存在なんですが、双方面白いですよね。

0-100加速については僅差です

LC500h:5.5秒

911カレラ:4.6秒

1.1秒の差があります。加速性能は結構近いですね。

馬力についても大きくは離れていないのも面白いポイント。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルクは先述の通りですが、こちらもカレラが優勢かと思われます。
  2. サイズは911カレラはタイト、LCはゆったりとした室内なのでなんとも言えませんが、取り回しは911の方がよさげです。
  3. もうどっちも1000万超えた車なんでなんとも言えないのですが、ラグジュアリー嗜好ならLC、スポーツ嗜好なら911.僕あLCです!

何故LC500hを選んだのか?

ここからはパパやん(@papayan123_car)さんの感想となります。

パワートレイン、グレード、外装×内装色 LC500h マルチステージハイブリッド ベースグレード ラディアントレッドコントラストレイヤリング × ダークローズ

なぜLCを選んだのか?

2012年のシドニーで発表されたLF-LC ブルーコンセプトの写真を見て一目惚れです。

ど真ん中に刺さりました。

当時はGS350に乗っていたので、それからディーラーに行くたびに担当さんに「LF-LCいつ出るの?買うから!」って催促してましたね。

そのまま5年以上も待たされるとは夢にも思ってませんでしたが。

ボディカラーについては、最初のころは青のほうが好きだったんですけど、市販化が決定した頃からなんとなく赤に惹かれだして、オーダー開始時にはもう赤しか考えていませんでした。

ストラクチュラルブルーが発売も遅くなってLパッケージ限定・内装色も限定だったので、結果オーライでした。

ベースグレードなのは消去法です。

僕がLCに求めていたのは「カッコよさ」じゃなくて「艶やかさ(あでやかさ)」だったので。

オーダー開始前にYouTubeでLCの走行動画がいろいろ公開されてたのを何度も繰り返し見て、ひたすら自分の中のイメージとすり合わせた結果が、アクティブリアウイングは無しだなと。

もしSパッケージでもアクティブリアウイングがMOPだったら、アクティブリアウイング無しのSパッケージを選びたかったのにというのが本音です。

パワートレインはマルチステージハイブリッドを選びました。

たしかに「LCは最後のV8NAエンジンです」というセールストークは威力絶大でした。

でも周囲のノイズを遮断して静かに自分の中に問いかけてみたとき、僕が昔からレクサスに求めていたのはパワーでも爆音でもなく、クールでスマートな高級車という価値観だったんです。

(まあ実際には、V8の「バオン!」という爆音に嫁ブロックが入ったみたいな。。。)

藤:GS350からのLCかあ、ものすごくうらやましいぜ!!

ラディアントレッドコントラストレイヤリングの外装色は写真で見ても生で見ても「艶やか」という言葉がぴったりで本当に色気がすごいんですよね。

そしてベースグレードを選んだ理由もカッコよさを度外視したとされているので納得です。

LC500hの外装レビュー

とりあえず控えめに言って100点。

写真で見るよりも立体造形がすごいです。

はじめて自分で洗車したときは感動の連続でした。

オーナーさんで自分で洗車したことがない人がいたら、それはもったいないですよ。

一度だけでもいいから自分で洗車することをお勧めします。

クーペのデザインとしてサイドシルエットも最高なんですが、個人的におススメなのが上から見下ろす方向ですね。

LCには「くびれ」があるんですよ。

車幅の1920mmというのは前後のタイヤ部分で、ドア部分は1840mmくらいしかないんじゃないかな? このくびれのおかげで、1920mmという数値から想像するよりもよほど乗り降りしやすいです。

さすがにドアが長いのでそれなりにストレスはありますが、少なくともセカンドカーは必要ないですね。

いやそんなことより、くびれセクシー。

藤:とりあえず外装については写真で見てても「そりゃ100点やわあ」と思えるほどセクシーですよね。生で赤みたことないので見るの楽しみですw

イルミネーションが写り込んだ写真が一番好きです。

LC500hの内装レビュー

内装色については事前予約の時点ではYouTubeで見つけられず、カタログ写真とひたすらにらめっこして決めましたが、ダークローズにして正解でした。

不満点としては、運転席ドア内側の手をかけるところとシフトレバー周りの材質が、本革なのかプラスチックなのかよく分からない質感です。

ダークローズ内装だと、ちょうどダークローズ色の部分ですね。

本革ならもうちょっとソフトパットを入れて、手に触れたときの感触を向上させてほしかったです。

ナビ操作はタッチパッドです。

ネットで見てると評判悪いみたいなんですけど、私は使いやすくて好きです。

RXのジョイスティックタイプより使いやすいと思います。

もちろんタッチパネルがいちばん楽ですけど、運転中の視点移動を減らすコンセプトであの位置に画面がある訳ですし、レクサスはそれでいいと思います。

おかげで外光の反射などの心配もありません。

エアコン周りに関して質感に不満はありませんが、シートヒーター、シートベンチレーション、AC、DUALの物理ボタンがありません。

どれもナビ画面からの操作になります。

特にDUALボタンは嫁さんを乗せるとエアコンDUALモード/一人で乗るときは解除と、私は使用頻度が高かったので残念です。

エアコンボタンの配置は個人的にNXがいちばん使いやすかったです。

あとはハンドル左親指あたりにあるOKボタンが、OがΩみたいに下がつながってないんですよね。

誰かのtwitterで見たLSだとつながってるから、もしかしたらLCもどこかの製造日から改善されているのかもしれませんが。

何ヶ所かそういうシルクスクリーンのケチった箇所が目に付いて、ちょっとした残念ポイントでした。

藤:シフトレバー周りの材質ちょっとわかんないですね、革っぽいと言われればそうなんですけどちょっと今度触りに行ってみよう。

こういった細かなところってオーナー様じゃないと分からない部分なのでこういったレビューまじで助かりますね。

外装のラディアントレッドコントラストレイヤリングと相まってダークローズの内装も良い感じですよね。

LC500hの乗り心地・走り心地

よくワイド&ローと言う人がいますが、実はそれほどローではありません。

運転時の頭の高さで言うとプリウスより少しだけ低いくらいです。

これはLCのデザイナーさんが凄いですね。

コペンやロードスターとすれ違うと、シート位置低っ!て思います。

サイズのわりに小回りはよく効きます。

また外見から想像していたよりも前方の見切りがよく、大きな対向車さえ来なければ、住宅地のあまり広くない道でも取り回しに苦労しません。

大きいはずなのになぜか運転しやすい車です。(ご近所さんのフォード・エクスプローラーと対向したときは辟易しましたが)

納車されたのが去年の10月で、寒い季節に新品タイヤという状況からのスタートでした。

当初はロードノイズが気になりましたが、室内の静粛性が高いことで相対的にロードノイズが大きく感じてた可能性もありますし、ほぼ1年たった今ではあまり気になりません。

マルチステージハイブリッドの制御はビミョーです。

1000回転でモーターアシストをグングン使ってまるでEVのように気持ちよく加速してくれるときもありますし、モーターアシストなして2000回転オーバーでエンジンが回るときもある。

今までのHVのように走行中にアクセルを抜いても、エンジンが回りっぱなしのときもある。

単純に電池残量だけでもなさそうなんですよね。ほんと分かりません。 一番気になるのは、ブレーキ中にアクセルに踏みかえた場合のレスポンスの悪さ。

今までのハイブリッドと違って、LCはエンジンブレーキを多用する制御をしているようなんですよね。

そのときにアクセルを踏むと0.5秒以上レスポンスが遅れます。

思ったタイミングで加速してくれないとアクセルの踏み量が増えてて、結果として意図していないタイミングで、意図した以上の加速となってしまいます。

今年の年次改良のプレスリリースにこの制御が改善されたような記述があったので、ぜひ初期モデルにもプログラム書き換えで対応していただきたいものです。

ドライブモードをSやS+にしたら、エンジンが回りやすいぶん違和感も減るんですけど、一度エンジンを切ってしまうとノーマルに戻ってるんですよね。Sモード推しならそこはドライブモード保持してくれよと思います。

その他の不満点

  • AHSが無い
  • トランクのイージークローザーが無い
  • 乗り降りの際にサイドスカートに靴底で傷がつく。そこだけラッピングしとけばよかった。
  • HVはトランクの奥行きが短く、トランクのふたの内側に出っ張りがあるので、7泊サイズのスーツケースが入らない。(V8は奥行きがあるので大丈夫らしい)
  • 助手席に嫁さんを乗せるときはドアを開閉してエスコートしないといけない。もちろんジェントルマンではなく、ドアに爪傷をつけさせないため!
  • iPhoneのbluetooth接続でたまに音楽再生が変なときがあるけど、iPhone側の問題かもしれない???(別々の現象でいろいろ不具合があるので、よく分からない)
  • SDやUSBで音楽をランダム再生すると、本当にランダムになる。同じ曲を短期間に何度も聞いたり、運の悪い曲は1か月に1回しか聞かなかったり。これは改善してほしい
  • ナビの目的地設定が不便。略称や愛称だと出てこない場合が多数。最近はスマホのNaviConというアプリで設定してbluetoothで送信しています
  • クラウンのマルチステージハイブリッドが安い

藤:補足になりますが、AHSとはアクティブハイビームシステムで夜間走行中に自動でハイビームを制御してくれるシステムで、照射部分も制御し対向車にまぶしさを与えないという優れものです。

トランクイージークローザーがないのは驚きなのですが、そういえばLFAも乗らせてもらった時ドアイージークローザーがないことに驚いたのを思い出しました。

奥様をエスコートする理由はもちろんジェントルな理由も含んでいます(重要)

LC500hの総評

不満点もいろいろと挙げましたが、トータルで見ると非常に満足している車です。

もし事故って廃車になっても、また同じ仕様で買うと思います。

10年くらいしたら非接触充電対応の純EVかPHEVモデルが出てると思いますので、その頃に買い替えれるようにまたコツコツと積み立てておきます。

藤:もし事故っても同じ仕様で買いたいと思えるモノってやっぱりすごいですよね。

同じ土俵に乗せるのもどうかと思うんですけど、ノアもう一回ほしいかと聞かれれば強めのNOですが、やはり価格などは大きく関与してくる部分なのかなと思います。

もちろん今後僕もLCを含めたくさんの車に乗りたいと思っているのですが、本当に「もう一度欲しい」と感じるモノこそが自分が追い求めるべき一台なのかなと思います。

パパやんさんにはレビューを書いていただき本当に感謝しています。

特定等はするつもりないのですが、なんだか地理的に近い感じがするので突撃したいと思ってますので、その時はよろしくお願いします。

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。