Instagram自動集客化ツール

50万円以下で買えるかわいい車を集めてみた!女子ウケが良いと思う3車種をご紹介。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

かわいい車を集めてみた!女子ウケが良い3車種をご紹介。

なんてキラキラしたタイトル書いてますが僕の趣味嗜好を全力でぶつけていくスタイルの記事です。

誰得なんや?と思うかもしれないですけど、まぁ付き合ってくださいよ。

とにかく思いつくまま書き出していきます。

ミラジーノ 2004年

 

スペックはこんな感じ

  • 車名:ミラジーノ 2004年モデル
  • サイズ:全長×全幅×全高=3.395mm×1.475mm×1.515mm
  • 最小回転半径:4.4m
  • トランスミッション:4速AT
  • 型式:DBA-L650S
  • 排気量:659cc
  • 最高出力:43[58]/7600
  • 最大トルク:64[6.5]/4000
  • 車両重量:1,000kg
  • 車両本体価格:113万円

愛くるしいルックスを持つ軽自動車で、僕個人的に今一番リアルな検討車です、経済的に。

もちろん中古車しか取り扱っていないのですがその価格は大体状態が良くて100万円ほど、事故歴や走行距離を選ばなければ総額10万円代すらある夢の詰まった車です。

やはりなんといってもそのルックスですよね。ただ運転するとなると一番目につくのはインテリアですので、ここは愛くるしさはエクステリアに任せてインテリアはシックな大人なインテリアに弄ってみたいところでレザーシート、オーディオ類(せめてブルートュース搭載のナビゲーションにしたい)、ペダル、ステアリングなどは初期費用が抑えられる分触ってみたいですね!

フィガロ1991年

スペックはこんな感じ

  • 車名:フィガロ 1991年モデル
  • サイズ:全長×全幅×全高=3.740×1630×1.365mm
  • 最小回転半径:4.7m
  • トランスミッション:3速AT
  • 型式:E-FK10
  • 排気量:987cc
  • 最高出力:76ps(56kW)/6000rpm
  • 最大トルク:10.8kg・m(105.9N・m)/4400rpm
  • 車両重量:810kg
  • 車両本体価格:187万円

これまた愛くるしいルックスを持つコンパクトな乗用車ですが、この車は今から2018年から数えて27年前。

実は僕よりも年上なんですねえ(誰得)

こちらも中古車しかありませんが、走行距離も短く状態の良いもので200万円ほどの値がついていますね。逆に状態をとわなくても25万円とミラジーノよりも高値で取引されているようです。ソフトトップの屋根を持ち、オープン状態で走行できるのは魅力。先述の様に一番目につくのはインテリアですが、中古車を眺めているとかなり痛んでいる個体が多いのでここは後付けで明るいホワイト系シートのカバーを装着。ポップな内装を装いたいところです。

20年近く前の車となるとメンテナンスなども小まめに行わないとすぐに走行不能になりそうですがめちゃくちゃ愛着も沸きそうですね。

ニュービートル 1999年モデル

 

スペックはこんな感じ

  • 車名:ニュービートル1999年モデル
  • サイズ:全長×全幅×全高=4.090×1.730×1.500mm
  • 最小回転半径:5.1m
  • トランスミッション:4速AT
  • 型式:GH-9CBFS
  • 排気量:1,595cc
  • 最高出力:75[102]/5600
  • 最大トルク:148[15.1]/3800
  • 車両重量:1,525kg
  • 車両本体価格:229万円

最後は王道のビートルです。

え?ミニでしょ?って声が聞こえてきそうですが、僕はここでビートルを押したい。

さて、このモデルは1999年に発売されたモデルですが、結構街中でも見かけたりします。

ビートル→ニュービートル→ザ・ビートルという流れになっていますが現行ザ・ビートルで日本国内での販売は終了となり「フォルクスワーゲンの看板が消える」ことに。

このビートルの中古車販売価格は高くても88万円ほどで販売されていますので状態次第です、ちなみに現行モデルだと50万円以下の個体も無いので今回はパスしておきました。

フォルクスワーゲングループなのでパーツ類は充実しているとのことでオススメしたい一台に選出しましたが夢が広がります、自宅ガレージでヴィンテージ風に飾るのも良し、また走らせても気持ち高ぶる車だと思います。

50万円以下で買えるかわいい車を集めてみた!女子ウケが良いと思う3車種をご紹介。まとめ

さてみなさんいかがでしたか?一応は妻にに10車種くらい見えもらいましたがこの3台を選出しました。女子ウケはするでしょう、実際フォロワーさんにもフィガロ乗っている女性いますし。

中古車なので中々保証だとか壊れるだとか気になる方もいるとは思いますが50万円で遊べる車を探すのならこんなのも面白いんじゃないかとお思います、必須条件としてはもう一台緊急時にも走る車があるのが前提ですが、こういった少しレトロな雰囲気を感じられえるモデルというのも中々ありませんので、中古車・セカンドカーの一考にしてもらえればと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。