[試乗]マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVE。Cセグ中でもかなり楽しい一台。

[試乗]マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVE。Cセグ中でもかなり楽しい一台。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

前ブログのリライト記事です。

今回の記事は写真がないので「乗り心地・走り心地」のみです。

僕の大好きなメーカーのマツダから展開されるCセグメントハッチバック・アクセラの1.5Lモデルに試乗させてもらいました。

マツダの何が好きって鼓動デザインもそうなんですけど、ペダル配置や同クラスと比較するとかなり走りに力をいれている部分ですね。

僕はアテンザが至高だと思ってたんですけど試乗してみてちょっと心持が変わったというか、十分アクセラも購入検討に入ると感じましたね。

今回ステアリングを握らせてもらうのはエントリーモデルの一つ上のグレード アクセラスポーツ 15S PROACTIVEです。その実力は如何に!?

試乗車:アクセラスポーツ 15S PROACTIVE

試乗した場所:関西マツダ 中環鶴見店

関西マツダ 中環鶴見店さんにて試乗させて頂きました。

義実家の車を購入したお店でもありましてすごく親しくさせてもらっています。

この場を借りてお礼申し上げます。

アクセラスポーツ 15S PROACTIVEのスペック

  • 車名:アクセラスポーツ15S
  • グレード:PROACTIVE
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,470mm×1,795mm×1.470mm
  • 最小回転半径:5.3m
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット 後マルチリンク
  • トランスミッション:6速AT
  • 型式:DBA-BM5FS
  • 排気量:1,496cc
  • 最高出力:82[111]/6000
  • 最大トルク:144[14.7]/3500
  • 車両重量:1,555kg
  • 0-100加速:11.3秒
  • 車両本体価格:214万円

動画を見てもらえるとわかるんですが、かなり気持ちいい音が車内に入ってきます。

それもそのはずアクセラの名前の由来は

「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」を語源とした造語。日本国外仕様である「Mazda 3」の”3″は車格を現している。

とのことですので、加速が早いとかではなく楽しい気持ちにさせてくれる一台です。

アクセラスポーツ 15S PROACTIVEの競合車

今回は国産Cセグメントで比較していきます。

比較対象1

  • 車名:インプレッサ スポーツ
  • グレード:i-L EyeSight 4WD
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4460mm×1775mm×1.480mm
  • 最小回転半径:5.3m
  • 駆動方式:4WD(四輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット後ウィッシュボーン
  • トランスミッション:CVT
  • 型式:DBA-GT3-GT3A54C
  • 排気量:1,599cc
  • 最高出力:85[115]/6200
  • 最大トルク:148[15.1]/3600
  • 車両重量:1,635kg
  • 0-100加速:9.5秒
  • 車両本体価格:216万円

アクセラスポーツとインプレッサ スポーツを比較します。

アクセラスポーツのサイズ:4,470mm×1,795mm×1.470mm

インプレッサ スポーツのサイズ:4460mm×1775mm×1.480mm

ガチンコライバルですね、サイズについては両者同じくらいです。

0-100加速については差がありまして

アクセラスポーツ:11.3秒

  • 最高出力:82[111]/6000
  • 最大トルク:144[14.7]/3500

インプレッサ スポーツ:9.5秒

  • 最高出力:85[115]/6200
  • 最大トルク:148[15.1]/3600

馬力・トルクについてはわずかながらインプレッサの方が優れていますが車重がインプレッサの方が重いので同じくらいかとおもいきやアクセラがかなり数値としては悪いですね。これは駆動方式の違いが如実にでているようです。またアクセラはATでインプレッサはCVTなんですが、スバルのCVTは本当によくできているなあという印象でしたね。

[試乗]スバル レヴォーグ2.0STIスポーツ。300馬力+4WDは速過ぎた。

2018.05.30

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にわずかながらインプレッサが優勢。駆動方式・トランスミッションの違いからか0-100加速についてはインプレッサの方が優秀。
  2. サイズはほぼ一緒。
  3. 両者ともに200万円前半からラインナップされている車種ですので欧州メーカーと比較すると価格面でも優れているように思います。

インプレッサ試乗してきます。

比較対象2

  • 車名:カローラ スポーツ
  • グレード: GX
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 4,375mm×1,790mm×1,460mm
  • 最小回転半径:5.1m
  • 駆動方式:FF(前輪駆動)
  • サスペンション:前ストラット後ウィッシュボーン
  • トランスミッション:CVT
  • 型式:3BA-NRE210H
  • 排気量:1,196cc
  • 最高出力:85[116]/5200
  • 最大トルク:185[18.9]/1500
  • 車両重量:1,585kg
  • 0-100加速:10秒前後
  • 車両本体価格:213万円

アクセラスポーツとカローラスポーツを比較します。

アクセラスポーツのサイズ:4,470mm×1,795mm×1.470mm

カローラ スポーツのサイズ:4,375mm×1,790mm×1,460mm

全長に関してはアクセラの方が長く、最小回転半径も0.2mもカローラが上回っています。

0-100加速についてはカローラが正確な数値がでてなかったのでハイブリッドモデルの動画を貼っていますが、たぶんこのモデルならもう少し遅い(C-HRと同型のエンジン)と仮定して話を進めます。

アクセラスポーツ:11.3秒

  • 最高出力:82[111]/6000
  • 最大トルク:144[14.7]/3500

カローラ スポーツ:10秒前後

  • 最高出力:85[116]/5200
  • 最大トルク:185[18.9]/1500

同じ駆動方式ですが馬力・トルクはカローラの方が優勢。

結果的にカローラの方が0-100に関しては速そうですね。

※両モデルで性格が大きく違いますのでコッチが良い・悪いとかはありません。

  1. 馬力・トルク共にカローラが優勢。
  2. サイズはほぼ一緒。
  3. 先述のように200万円前半から販売されているモデルですが、カローラ若返りましたよね、商用車のイメージが強かったのですがエクステリアなどは非常に購買欲そそられます。

新型【トヨタ カローラ・スポーツ(ハッチバック) 試乗 レビュー】Part2 動的質感編 とにかく軽快! 運転が楽しい!!

カローラもインプレッサも試乗してみたいですね。面白そうです。

アクセラスポーツ 15S PROACTIVEの乗り心地・走り心地

アテンザ試乗後に続けてアクセラ試乗しました。

まずディーラーから営業マンさんが出発。

安全な所でドライバー交代となります。

ドライビングポジションを整えて、いざ出発する際に気づいたのですが、この車には「ドライブセレクション」が装着されています。

「スポーツ」と「ノーマル」の切り替えスイッチがあり、最初はノーマルでの試乗。

乗り心地については僕が感じたのが車内への振動が少なく、また音の侵入も抑えられていること。それはさっき試乗したアテンザにも言えることだったのですが、侵入してくる音が少し変わっている?ように感じました。
例えば、マンホールを乗り越える際、接触場所から「ガコン」的な音が発生してから車内へ伝わります。
その侵入するはずの不愉快な部分が低減されていて驚かされます。
自分の車に戻ってから同じ道を走ってみましたが、全然音も振動も侵入してきたことから、遮音、制振に関してがんばっているんじゃないだろうかと思われます。

そして、最も書きたかったこととして軽快さ。

先ほどまでアテンザという大きい車を運転していたこともあってか、非常に軽快。

中央環状線に出てから「ノーマル」から「スポーツ」へ。

「ノーマル」で感じた軽快さに更に加速感をプラスした「スポーツ」

中央環状線は空いていましたので「少し踏み込みます」と確認を取り、キックダウンまで踏み込み加速。

ここでまず感じたのが「自分の変化」

勝手に笑顔になっていて、おそらくマツダのCMみたいな事になっていたかもしれません。

「なんでこんな気持ちええんや!?」と思って注視してみるとエンジンサウンドが原因だったんですね。

加速感と実際の速度というのが比例していないと人はフラストレーションが溜まると思うのですが、それが全く感じなかったんです。ジワジワ加速しているにも関わらず、エンジン音と軽快なシフトアップ。

余裕なんてないはずなんですが、それでもそれぞれの機能が役割をしっかりと全力でこなしている状態だと感じました。

エンジン音に関して「200Hz」に調整しているようで、人が高揚するようなエンジン音を「演出」していた様で、営業マンさんに後でネタばらしされました。

これなら変に重たいディーゼル積まなくても、十分楽しいと思いましたね。

ゴルフと比較するのもすこしおかしいですが、僕は「走り」「乗り心地」についてはアクセラが勝利だと感じました。
というのも、ゴルフは割り切った車を作っているわけではないという点。
誰もが扱いやすく、みんなに受け入れられて、みんなに評価されなければならない車であるために「楽しさ」については捨てなければならず(それはデザイン面も)。
これだけでゴルフを断ずるのも悪いので、一度1.4Lのハイラインへの試乗もしなければならないなあと考えましたね。
比較するにはメーカーの思惑が違いすぎるのかもしれませんね。
VWは世界1の販売台数を誇った(現在は日産ルノー)メーカーであり、ベンチマークは作れるけど、マツダのように「シェアの2%でいいや」って割り切った車を作れるわけではないから、同じクラスであろうと削れる部分と費やす部分に大きな違いがでたんじゃないかなと思います。

アクセラスポーツ 15S PROACTIVEのまとめ

アクセラ正直舐めてました。

「アテンザの小型版やろ」と思っていたのですが明らかに性格が違いますね。軽快で楽しく、かつ機能については十分にそろっているという印象です。

本当にアクセルペダルを踏むのが楽しい車でして、以前アップした

[試乗記事]フォルクスワーゲン ゴルフ7.5 コンフォートライン。Cセグメント王者のバランス。

2018.10.02

フォルクスワーゲンのゴルフに比べると先述の様に「楽しさ」ならアクセラですね。

 

他試乗記事はコチラにまとめています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。