Instagram自動集客化ツール

[カメラ]ゴリラポッド(簡易三脚)使用感。全然アリ!星空撮影にも使えた。

[カメラ]ゴリラポッド(簡易三脚)使用感。全然アリ!星空撮影にも使えた。

G1Xmark2を購入し様々な写真を撮ってはあーでもないこーでもないとブツブツ呟いています。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

さて、タイトルにもあるように僕はゴリラポッドを購入してみたわけですが、そのレビューをと思います。

まずはゴリラポッドを画像で紹介。

ゴリラポッド(楽天で安いやつを買ったので正確にはゴリラポッドではないものの名称がわからなかったのでゴリラポッドととします)はこんな感じ。

丸い可動するコマが10個付いた脚が三本。

開くとこんな感じ。

ゴリラポッドの上部に付いている白い部分がカメラとの接合部となっており取り外しもすごく簡単。

まずはこの丸の部分を押すと

カシャっと接合部がはずれます。

外れたらカメラと接合。

カメラと接合したら足と合体。

僕の購入したカメラはかなり重く、バッテリーやSDカードを含む重量が500gを超えますが三脚状態でも当然カチッと固定されています。

そして、ここからがゴリラポッドの醍醐味である「地面以外にも固定出来る変幻自在な撮影」

こんな風にテーブルの脚に巻きつけることも可能です。ちなみにセットしてお風呂入って戻ってきてもこのまんま。

ゴリラポッドを購入した理由。

僕がゴリラポッドを購入した大きな要因は3つ。

  • 三脚よりも安価であること。
  • スナップショット(気軽に撮れる)と考えると持ち運びが容易であること。
  • 変幻自在な撮影が出来ること。

僕がカメラを購入するにあたって重要視したのは「センサーサイズ」と「コンパクト」、「レンズを交換しない」を重要視し購入しているため、どうしても気軽であることが前提でした。

「三脚だけガチ」というのもどうなんだろうと思いますし価格が高い。持ち運びも専用カバンを持ち歩いたり、など「気軽さ」よりも「よっしゃ撮りに行くか!」という意気込みでないとダメなのはNGでした。

[カメラ]G1Xmark2を購入。一週間実写レビューとアイフォン7との比較とかいろいろ。

2018.05.22

故にゴリラポッドを購入したわけです。

メリットとしては、やはり固定できることによってISO感度は100のままシャッタースピードを上げてF値(絞り)を絞れることでシャープな撮影が出来ることがメリットですね。

上がF2

下がF16

被写体の時計を見ていただくと分かると思いますが、下の方がシャープです。

上はすこしぼんやりとしています。

背景に目を移すともっと分かりやすいですね。ブレずにこれを撮影できたのもゴリラポッドのおかげです。

更に嬉しいメリットは「星空撮影が出来ること」

これは様々なブログなどでは「長時間露光には向かない」と言われていますが、僕はこれで十分なんじゃないかと。

これは自宅ベランダから1時間「星空軌跡モード」にて撮影したものですが、手前の家のブレなどは十分に許容範囲ではないでしょうか?

家バレこえーっす。自宅前にて撮影。

露光は長かったのですが、これくらい撮れるのはかなりアツイと感じましたね。

風が強い日でもほぼブレずに撮影できるゴリラポッドは買って正解だったなあと。

ちなみにベランダでの撮影時はこんな風にゴリラポッドを使用。

カメラライフに幅を持たせるいい商品だと断言できます。

ちなみにですが、このゴリラポッドには対応するカメラの重さの基準がありますので、ここは要注意です。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。