Instagram自動集客化ツール

[カメラ]G1Xmark2をガチレビュー、初心者向きカメラかどうか?作例約150枚以上用意したから判断してほしい。

G1Xmark2

[カメラ]G1Xmark2をガチレビュー、初心者向きカメラかどうか?作例約150枚以上用意したから判断してほしい。

最近、友人から写真撮ってと声を頂くようになりました。カメラ様様です。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougai)です。

いやはや、カメラを購入して早1か月が経過しようとしています。

[カメラ]アウディS1オーナーとデートした件とかっこいい写真撮れた撮影スポット。

2018.06.19

[カメラ]G1Xmark2で撮影作例をいくつか挙げてみる。

2018.06.13

[カメラ]ゴリラポッド(簡易三脚)使用感。全然アリ!星空撮影にも使えた。

2018.06.12

[カメラ]G1Xmark2を購入。一週間実写レビューとアイフォン7との比較とかいろいろ。

2018.05.22

 

途中でこんな感じで記事を書かせてもらったりしてましたが、今回はガチレビューとさせていただきます。

新型モデルG1Xmark3出てるのに何故そんなことすんの?と思われるかもしれませんが、このG1Xmark2は実をいうと2018年6月時点でメーカーより現役で販売されております。なので今後新品購入される方や中古で購入される方の参考になればと思います。もちろん他のカメラ購入検討の方にも読んでもらいたいですね。

作例についても150枚ほど用意しましたのでカメラ初心者の方で「こんな写真撮りたかった!」と思えるものがあれば幸いですし、無かったとしてもブロガーや画像をアップする頻度が高い人にはオススメできる一台であると断言できます。

一眼レフ機やミラーレス機みたいなレンズ交換とか出来ないし、何なら荷物多くなるの嫌だ!気軽に撮りたい!という人にはうってつけだと思います。

カメラ初心者の方で「スペックとかわからん」「外装とかどうでもいい」(これは少ない気がしますが)という方は2ページ目まですっとばしてくださいね。

では、レビューしていきます。

G1Xmark2のスペック

まずはスペックからみていきましょう。

と思いましたがとりあえず下まですっ飛ばしてください。

基本仕様

撮像素子カメラ部有効画素数約1,280万画素(アスペクト比が3:2時)
約1,310万画素(アスペクト比が4:3時)
サイズ・タイプ、総画素数1.5型高感度CMOS、約1,500万画素
レンズ焦点距離
[35mmフィルム換算]
12.5(W)-62.5mm(T)
[24(W)-120mm(T)]
開放F値F2.0(W)-F3.9(T)
構成枚数11群14枚(両面非球面UAレンズ1枚、両面非球面レンズ2枚)
光学ズーム倍率5倍
デジタルズーム倍率約4.0倍
プログレッシブファインズーム(ラージ時)10倍
撮影距離(レンズ先端より)オート:5cm~∞(W)/40cm~∞(T)
マクロ:5cm~50cm(W)
最短撮影距離時
撮影範囲(オート時)
[16:9時]102×57mm(W)/142×80mm(T)
[3:2時]102×68mm(W)/142×95mm(T)
[4:3時]98×74mm(W)/136×102mm(T)
[1:1時]74×74mm(W)/102×102mm(T)
[4:5時]59×74mm(W)/81×102mm(T)
ファインダー

  • 外付け電子ビューファインダー EVF-DC1対応(別売)
液晶モニター3. 0型TFTカラー液晶(約104万ドット)、アスペクト比3: 2、
視野率:約100%、チルトタイプ
タッチパネル○(静電容量方式)
フォーカス制御オートフォーカス:コンティニュアス、サーボAF、マニュアルフォーカス
露出制御測光方式評価、中央部重点平均、スポット
露出補正±3段(1/3ステップ)
ISO感度
(標準出力感度)
オート、ISO100~12800
ホワイトバランスオート、太陽光、日陰、くもり、電球、蛍光灯、蛍光灯H、ストロボ、水中、マニュアル1、マニュアル2
シャッタースピード1~1/4000秒(オートモード)
15~1/4000秒(撮影モード:Tv)、60~1/4000秒(撮影モード:M)
絞りF2.0-F16(W)、F3.9-F16(T)
ストロボ内蔵ストロボ(調光範囲)50cm~6. 8m(W)、1. 4m~3. 5m(T)
外部ストロボキヤノンスピードライト 220EX、270EX、270EX II、320EX、430EX、430EX II、430EX III-RT、580EX、580EX II、600EX、600EX-RT/トランスミッター ST-E2/スピードライトブラケット SB-E2(別売)

  • 付属のカラーフィルター SCF-E2装着時のホワイトバランスは非対応です。(EOS各機種に装着したときとは異なり、色被りが発生します。)
撮影関係撮影モード
(撮影シーンによってはISO感度が上がり、画像にノイズが増えることがあります)
シーンモード、クリエイティブフィルターモードの詳細は撮影モード一覧表をご覧ください。
<撮影モード>
C1、C2、M、Av、Tv、P、プラスムービーオート、オート、クリエイティブショット、SCN(ポートレート、オートシャッター[スマイル、ウインクセルフタイマー、顔セルフタイマー]、星空[星空ポートレート、星空夜景、星空軌跡]、手持ち夜景、水中、スノー、打上げ花火)、クリエイティブフィルター(ハイダイナミックレンジ、ノスタルジック、魚眼風、ジオラマ風、トイカメラ風、背景ぼかし、ソフトフォーカス、モノクロ、極彩色、オールドポスター)
<動画モード>
スタンダード、iFrame動画、星空(星空インターバル動画)

撮影モード一覧表PDFを開く
光学手ブレ補正(IS)マルチシーンIS
補正効果(静止画IS時):3.5段(テレ端)※CIPA準拠
セルフタイマー切/約2秒/約10秒/カスタム※1
連続撮影
(ストロボが自動発光しない明るさにおいて)
約5.2枚/秒
記録関係ファイルフォーマットDCF準拠、DPOF(Ver1. 1)対応
記録媒体SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード

  • UHS-Iカード対応
データタイプ静止画JPEG(Exif2.3)/RAW(14ビット、CR2)
動画MP4[映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:MPEG-4 AAC-LC(ステレオ)]
静止画圧縮率スーパーファイン/ファイン
記録画素数静止画[16:9時]
ラージ:4352×2448画素
ミドル1:3072×1728画素
ミドル2:1920×1080画素
スモール:640×360画素
RAW:4352×2448画素
[3:2時]
ラージ:4352×2904画素
ミドル1:3072×2048画素
ミドル2:2048×1368画素
スモール:640×424画素
RAW:4352×2904画素
[4:3時]
ラージ:4160×3120画素
ミドル1:3072×2304画素
ミドル2:2048×1536画素
スモール:640×480画素
RAW:4160×3120画素
[1:1時]
ラージ:3120×3120画素
ミドル1:2304×2304画素
ミドル2:1536×1536画素
スモール:480×480画素
RAW:3120×3120画素
[4:5時]
ラージ:2496×3120画素
ミドル1:1840×2304画素
ミドル2:1232×1536画素
スモール:384×480画素
RAW:2496×3120画素
動画[iFrame動画]:1920×1080
[星空インターバル動画]:1920×1080
[ジオラマ風]:1280×720/640×480
[上記以外]:1920×1080(30fps:約24Mbps)/1280×720(30fps:約8Mbps)/640×480(30fps:約3Mbps)

  • 実際のフレームレートは30fpsが29.97fpsとなります。
再生関係シングル再生、拡大再生(約2~10倍)、連想再生、グループ再生、動画再生、スライドショー、ダイジェスト動画再生、インデックス表示、ヒストグラム表示、位置情報表示
表示言語日本語、英語
起動時間(約)1.3秒
インタフェース有線Hi-Speed USB、A/V-OUT、HDMIコネクタータイプD
無線LAN可能[IEEE 802.11 b/g/n](※2.4GHz帯のみ)
電源専用リチウムイオン充電池(NB-12L)[充電時間:約185分]
ACアダプターキット(ACK- DC100[別売])
動作環境温度:0~40℃、湿度:10~90%
大きさ(幅・高さ・奥行き)(CIPA準拠)116.3×74.0×66.2mm
質量(バッテリーおよびメモリーカード含む/本体のみ)(CIPA準拠)約553g/約516g
PC用ソフトウエアImageBrowser EX/Digital Photo Professional

  • ソフトウエアのCD-ROMは同梱されておりません。ソフトウエアページよりダウンロード(無料)が可能です。
PC用ソフトウエアの
動作環境
JANコード4549292008210
同梱品
  • 本体
  • ネックストラップNS-DC11
  • バッテリーパックNB-12L
  • バッテリーチャージャーCB-2LG
  • メモリーカード、インターフェースケーブルは別売です。
写真:同梱品
  • カメラユーザーガイド
  • ※1タイマー時間(0~15秒[1秒刻み]、20/25/30秒)、撮影枚数(1~10枚[1枚刻み])を設定可能。
  • 上記OSがプリインストールされていて、USBポートが標準装備されていること。
  • 各アプリケーションのバージョンはカメラによって異なる場合があります。
  • 各ソフトウエアインストール時のハードディスクの必要空き容量は、ソフトウエアダウンロードページをご参照ください。
  • Hi-Speed USB対応ポートとの接続は、すべての動作を保証するものではありません。
  • ソフトウエアのCD-ROM は同梱されておりません。ソフトウエアはキヤノンホームページよりダウンロード(無料)が可能です。

 

引用終わり

 

丸々公式サイトから引っ張ってやりましたよ、ええ

途中まで手打ちしてた自分が恥ずかしいわ!

こんなスペック表を見ても何が何だかわからんっていう方はとりあえず以下のところを注意すればいいんじゃないかなと思います。

初心者がコンデジを買う際に気にすべき3つの要素

 

ここで僕が見てほしいところとしては、センサーサイズ、レンズの明るさ(F値)、撮影最短距離です。

まずセンサーサイズはこの大きさを覚えていてほしいのです。

めちゃくちゃおおざっぱな説明をさせてもらうと。

大きいほうがいい

この一言につきるんですね。何がって見た感じがですよ、ええ。

ボケもとろけるようなボケもでますし、何より綺麗な絵になるんですよ。

比較としてはこんな感じです。

コーヒーカップを上:iPhone7 下:G1Xmark2 にて撮影したものです。

この程度の差ならスマホでいいやって思う方は次の作例をみてくださいね、スマホでは撮れないのも多々ありますので!

G1Xmark2は1.5型センサーが搭載されています。高級コンデジと呼ばれる中ではかなり上位のセンサーサイズです。

他の高級コンデジは1型センサーを搭載していますが、表を見ていただければその差は歴然ですね。

 

次にレンズの明るさについてはコンデジだからこそ見るべき部分です。

コンデジは基本的にはレンズ交換を要しません、ていうかできません。

なので「レンズを明るいものに換装しよう」ということが出来ないのです。レンズの明るさの表はおーみーどっとこむさんから参照。

換装できないということは可能な限り明るいレンズを装着しておかないといけません。なのでここは他のコンデジを購入する際にも必須事項です。

最後に撮影最短距離についてです。

要はレンズもしくはセンサーからどれくらいの距離で撮影できるのか?

寄って撮りたいものってたくさんあります、僕もあほみたいに寄っては引いて寄っては寄ってを繰り返し続けています。

これは感覚値でしかありませんが、g1xmaerk2の5cmって相当寄れるレンズなんですね。

ですがさらに上を行くコンデジもあるんです。

僕昔VALUっていうSNSやってて、その際に交流をいただけるようになったKTRKさんのブログにご紹介がある

パナソニック「LUMIX DMC-LX100」です。

究極のデジカメ:LUMIX DMC-LX100をもう一度買い戻した8つの理由

 

めちゃめちゃ詳細に書いてくださってますので「は?キャノン嫌いなんだよ」って方は上のリンクからLX100のレビューみてください。

グーグルで「LX100」 って調べたら1ページ目に出るくらい良記事です。マジですごいことだからね。

 

以上、とりあえず初心者がコンデジを買う際に気にすべき3つの要素です。

G1Xmark2の話続けますね?

 

G1Xmark2の外装

G1Xmark2 ロゴ

G1Xmark2 正面

G1Xmark2 背面

G1Xmark2 天面

G1Xmark2 底面

G1Xmark2 レンズの明るさ(W)F2-(T)F3.9

G1Xmark2 側面

大きさは結構あります。

幅×高さ×奥行=116.3×74.0×66.2mm

となっておりますので、正直コンパクトだとか思いません。

一眼レフ機などに比べれば小型でしょうが、ミラーレスなどと比べるとそんなかわらんなあというのが正直なところです。

見た目ファーストインプレッションは一言「漢感」

この武骨さ、質実剛健そうな作り、フラッグシップを名乗るだけの圧。

ここに惚れたわけです、めちゃくちゃ重たいし重厚感は抜群です。まさに「愛機」と呼びたい一台。

女子ウケ?そんなのありませんねえ。カメラですねって感じで流されますよ。

G9Xmark2みたいなポップなデザインなら受けるんでしょうけど。

女子ウケなんか狙うべからずですよ全く。

ちなみに僕が次ほしいカメラがフジフィルムX00Fというモデルです。

え?なんかかわいい?女子ウケ狙ってる?

そんなわけないですよ。このカメラ、ゴリゴリの描写力があるのですよ。えぇ。

機能重視です。

ちなみにG1Xmark2は男にはウケいいですよ。

女性だとX100Fもオススメです☆なんせかわいいからねっ!

G1Xmark2の使用感と作例

さて、長々とスペックやらなやら書いてきましたが、とにもかくにも作例を見ていただきましょう。

今から150枚ほどアップします。ご覚悟を。(基本的には加工していません、撮って出しです。)

 

加工されている写真が散見されると思いますが、別に僕自身が加工しているわけではありません。

これはクリエイティブショットという撮影モードで1枚の写真をフィルターや構図などをカメラ自身が変更・加工を行うモードでして、カメラ初心者には気づけない構図などを気づかせてくれたりします。これはこれで僕個人的には重宝しています。

なので撮ってアップすることを撮って出しだというのならこれはこれで撮って出しなわけです。

あとはコントラストが強い写真(家具など)はHDR(ハイダイナミックアレンジ)、全体が青っぽい写真(アウディS1ですね)は撮影シーンの変更で撮影しています、アウディの写真についてはナンバープレートのモザイクのみで加工はしていません。

150枚の作例集でした。

多分この記事めちゃくちゃ重いな。

G1Xmark2を購入して幸せになれる人とまとめ

さて、僕がこんなに作例を出して、こんなに乱文の長文を書きなぐってまで伝えたいことはなんなのでしょう?

それはこの項のタイトル、どんな人がこのカメラを購入して幸せになれるのか?です。

作例を見ていただくと、食事、風景、星空、花、車、人工物、家具、室内やペットなど、様々な写真があったと思います。

その中で望む写真はありましたでしょうか?撮りたいと感じたものはありましたでしょうか?無かったら僕の技術不足です。

あったとすればカメラの購入を踏み留まる理由はなんでしょうか?

少なくとも僕が参考にさせてもらったサイトやブログを運営されている方々はカメラを購入し、カメラを使い表現を楽しんでいます。

僕はカメラ購入するのに随分と長い時間をかけました、金銭面が主な原因でロクに調べもせずに「高いんだろうなー」とか「つかわなくなったらどうしよう」だとか。

しない理由はいくらでも見つけられます、逆にする理由もまた然り。

僕はカメラを購入して感じたことは2点

「世界は美しいこと」

「そしてそんな美しい世界を撮り逃したらチャンスはもう2度と現れないこと」

作例中公園がよく出てきますが、僕の通勤路に大きな公園があるんですね、今までカメラを持たなかったころはただの緑だったり黄色だったり白色だったものがカメラを持ち一度ファインダー(G1Xmark2にファインダーないんやけどね)を覗いて切り取ったその瞬間、全く違った美しいものになったんですよ、いやこれほんとです。

世界の見え方が少し変わります。

その世界ってスマホじゃちょっと届かないんですよ。

確かに高画質になってるしファーウェイなんかのカメラ機能本当すごい。

【開封編+テスト撮影】Mate 10 Proの圧倒的性能!

 

カメラは「瞬間を美しく切り取るモノ」として開発され販売されるわけですよね。

対してスマホは「多機能を備えた電話」なわけです。

生まれた過程と目的が違うんですね。

一度あなたの手であなたの見える世界切り取ってみませんか?

最初は構図だったり、操作を覚えるの難しいです。

でも最初はなんも考えずにシャッター押しとけばいいんです。そのうち「あっこれいい!」ってなるの出てきますから。

そこから楽しくなってくる。楽しくなってきたすぐに身に尽く。

いろんなところ行きたくなる、食べたくなる、試したくなるんすよ。

僕のブログは「ゆとりの藤鴎外は試してみた」っていうんですけど、試してみること、とにかく一歩を踏み出す背中をアドバイスも踏まえながら押せるブログでありたいと、人でありたいと思うんです。

別に僕のアフィリエイトリンクから購入してもらわなくてもいい、一応お得な買い方とかお教えしますけど、別に直接買いに行くのだっていい。ただ一歩踏み出してほしい。んでコメントとかツイッターとかで「こんな写真撮ってみた!」って一報くれたらめちゃくちゃ喜びます。

購入については以前の記事でもお話させてもらってるのですが、メルカリなどのアプリで購入するのも良いとは思うんですが、決して安くはない買い物ですし、精密機器です。壊れた時の保証だって個人売買で成立しないので、可能ならカメラのキタムラのネットショップでの購入が良いと思います。新品ならなおさら保証がありますし、中古での購入でも1万円以上の商品だと半年の保証があります。

G1Xmark2を題材に記事書いてきたんでそれで進めますが、みなさんが欲しいカメラで進めてくださいね。



この検索窓にG1Xmark2って打ち込むも良し、また違った機種を打ち込むも良し。あなたが欲しい、あなたが選んだカメラの機種名を入力してください。

決まっていないならメーカーやズーム機能で探すも良し。

新品も中古もどちらもそろえていますね。あなた次第です!

「予約する」ボタンを押して次のページに進みましょう。

ここで会員登録をすることになりますが、すぐに終わる登録ですので登録します、メルマガなどは必要がなければ項目から外しましょう。結構お得なセールなどがありますので僕は購読してます。

どのように実機を見るかという選択ですのですぐに購入というわけではありません。進めてもお金は発生しませんので安心してください。購入する際にのみ発生するだけです。

  1. 中古の品を全国から探す。
  2. 近所のキタムラに送ってもらう。
  3. 近所のキタムラへ実機を見に行き店員さんとチェックをしながら購入もしくは気にくわなかったらやめておくことも可。
  4. 一万円以上の買い物の場合は半年保証も付いているので安心。

手順を書くとこんな感じです。

一度実機に触れることが大切です。高い買い物ですので慎重になるのは当たり前です。

たくさんリサーチをし、あなたの一歩を踏み出してください。

では、よいカメラライフを。(カメラ1か月初心者より)

購入はコチラからしてもらえると嬉しいっす、でもここで買わなくても他所さんで買っても写真とか見してくれたら普通にうれしいっす。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。