[試乗]試乗レビューとはなんぞや?何基準?→自分基準。

うも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

最近思う事がありまして、レビューって一体なんなのか?という事についてなんです。

プロのカーライター、自動車ジャーナリストなども車の性能や居住性なんかに言及していますが、実際のところ、何を基準にしているのか曖昧なんですよね。

じゃあせめて、僕が「この車オススメ!」ってなる基準とかそういった所を改めて考えていこうと思います。

体調や気分、着る服も試乗では大きな影響を与える。

まず、僕は人間なんですね。

で、人間なもんですから体調が良い日、悪い日、気分もそうですが数値化できない変動する要素が大きくあります。

なので、同じ車に乗ったってその日の体調によっては「路面からのショック強い」と感じることだってあるわけでして、この部分についてはプロだろうと僕だろうと一緒だと思うんですよ。

そういった変動する要素を横に置いて、では衣類によっても違うんじゃないの?ってなりますよね。そうなんですよ。靴によっても感触が違うし、ペダルから伝わる振動も変わってくるんですよね。

僕は可能な限り同じ靴で試乗してますが、それだって服が違えば「シートは滑りやすい・ホールド感がある」とか言っちゃうんですよね。

市場を通して体感した感想を「試乗記事」として書いていますが、結構曖昧で色んな人に共通する部分があったり、逆にバラバラだったり。

人によっての好みもある。

やはり人間ですから気に入ったメーカー、車種なんかもあるわけで僕個人的にはマツダ推しです。

じゃあ、贔屓して書くの?ってなると可能な限りフラットな目線で見て、感じているつもりではあるものの、やはり文字を捻り出すと文字数とか多かったりするんですよね。

でも、逆にノーマークで試乗してすごかったメーカーなんかも僕は筆が走る方でしてプジョー308SWについてはかなり興奮してました。

逆に嫌いなメーカーってのは無いのでそこらへんはフラットに書いているつもりですが、ミニバンになると乗る気が失せるので今まであえて試乗したとすれば、シトロエングランド4Cピカソくらいですね。

厳正な試乗記事を書こうと思うと揃えないといけないものがある。

例えばなんですが、試乗記事を書く人の中で振動とかを図る機械を使う人って見たことないんですけど、そういった「計器」で振動や遮音性なんかを可視化しても面白いですよね。

そういうの導入しようか迷い中です。

だから迷いを断ち切る為にコメントしてください、「買え」ってw

レビューとはなんぞや?結局は個人の感想でしか無いので、好きなライターを読めば良い。

もう元も子もないのですけど、自分が試乗して感じたものと近いフィーリングのライターの記事を読むことや、単純に好きな人の記事でいいと思うんですよね。

それは今現在増えてるブロガーでもいいと思うし、みんカラのオーナーの意見でも。

そしたら逆の意見のライターも読んでみると視点が違ったり年齢、性別など何かしら違う部分があるので、そういうの見つけると面白いですよ。

人と感想違ってもいいですし、自分の感性は自分しか分かり得ませんので。

自分のレビューの基準がイマイチ分からない。

次の機会に記事にしますが、あるハイパフォーマンスセダン試乗時にドライブセレクトで「ノーマル・スポーツ・スポーツ+」のモード切り替えがあったんです。

その中で僕が「乗り心地が良いな」と感じたモードはスポーツ+。サスペンションも硬くなり路面起伏や凹凸を拾うのに収束が早く、ある程度の速度域に行くと乗り心地がマイルドになってくる感覚があったんです。

で、その後にその車の一般モデルに乗ったのですが、ふわふわしていてどうにも落ち着かない。

多分僕のフィーリング上は「ショックは拾うけど、すぐに収束する」タイプの乗り心地が好きなんだなと感じた一件がありました。

なので、乗り心地については「硬め」の事を「良い」と表現するのかと思いきや、アテンザの様などちらかというとスポーツとは言えないセダンでも同じく「良い」と感じるんですよね。

こうなってくると、明確な判断基準と言うより「車のキャラクター」によって判断を使い分けているのでは?と考えるに至ります。

つまり、スポーツセダンなら硬めでもそれなりの乗り心地なら「良い」し、コンフォートとスポーツ間の様なアテンザでも乗り心地は「良い」という「車の性格ありき」な表現になるんですよね。

ついでに言うと価格やサイズなど諸々のスペックを材料にして「この(車格・価格・サイズ)の割には良いよな」=「乗り心地良い」になりがちなんですよね、そして近年の車で乗り心地が随分悪いって車もそんなにありませんし、片っ端から買うわけにも行かないのですが、どうにもハッキリとしたら答えが出せないのがモドカシイ。

走り心地についてはステアリング操作やペダル配置、操作と挙動で感じたものを素直に書いているつもりですが、あくまで試乗なので無茶というか、自分の走行スタイルに落とし込むまでができないのも悩ましい所なんですよね。それでもその中で感じた事を伝えられる様な書き手にならんといけないんですけどね。

[試乗]試乗レビューとはなんぞや?何基準?→自分基準。まとめ

ちょっと締まらないまとめになりますが、僕は少なくとも感じたままに伝えています。

その中でも上記のようにあらゆる要因によって改編されたりして文字に変換されているわけですね。

恐らくですが、これはプロでも一緒です。お金が発生している分緩いかもしれません。

そうなってくると読者さんからすれば「自分のフィーリングに合う」書き手を見つける事が優先的だなと思うんですが、僕全然迎合するつもりなくて感じたまんまに伝えるので、僕のところ読まないなら、以下がオススメです。

面白い×車×ブログを紹介

また別記事で細かく紹介しようと思いますので、ざっくり。

ワンダー速報

クルマ好きなら知ってる。

満遍なくあらゆる車を細かく分析されてます。非常に勉強になりますが真似できませんね。

車いろいろ

選ぶ車のチョイスがオーバー800万なのでEセグメントやハイパフォーマンス系のブログです。ちなみに書き手さんは190cmあるらしいです10cmくれ。

ワンダフルカーライフ

今年立ち上げたのに記事数が意味わからんことになってる新進気鋭のブログ。

一車種を細かに分析されていて勉強になります、また服×車ってジャンルも開拓されてて面白いです。

life in the FAST LANE

言わずもがな個人ブログでキュレーションサイトクラスのアクセスを誇るブログ。

ちなみに一度お会いさせてもらいましたが文章から見える紳士さをそのまま体現した御方。

ポルシェが我が家にやってきた

ボクスター、パナメーラオーナーのブログ。

かなりポルシェ愛が深く、見習いたい所です。

サラリーマンだけど良い車乗りたい!!!

ブログ名から分かる様にサラリーマンの、、、、って、サラリーマンがジャガーXEのれるかああああ、うおおおいいいい!

所謂エリートですね。ジャガーXEに乗り次はEセグメントを狙っている模様、もしかしたらXEの大排気量モデルに乗り換えるかもです。

新・辛口クルマ批評

クルマブログの古参といえば辛口系男子さんですね。更新頻度は低いのにアクセス多いのずるいわー。

evening sky engine

BMW情報、そしてアルピナ情報ブログです。

アルピナD4オーナーですからね、アルピナ気になるわー。

フォルクスワーゲン好きのクルマ好き

とにかくフォルクスワーゲン記事を読みたいならここ見ろって位にフォルクスワーゲン愛が詰まったブログ。個人的にディーゼルが気になります。

列挙しましたので興味が出たブログを読んでみてください、全部面白いブログです。

ご自身のフィーリングに合うブログがあれば良かったら教えてください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。