Instagram自動集客化ツール

[動画]現代の歌舞伎町NO.1ホスト「ROLAND」が語るロールスロイスの良さ。

[動画]現代の歌舞伎町NO.1ホスト「ROLAND」が語るロールスロイスの良さ。

今回は歴代歌舞伎町NO1ホストの中でもおそらくダントツのカリスマ性とブランディングに成功している「ROLAND」さんの愛車ロールスロイス・レイス(WRAITH)の良さや本人の考え方などを動画でご紹介。

ちなみにロールスロイス・レイスのスペックはこちら。

  • 車名:レイス
  • グレード:ベースグレード
  • サイズ:全長×全幅×全高(mm) 5,280mm×1,945mm×1,505mm
  • 駆動方式:FR(後輪駆動)
  • トランスミッション:8AT
  • 型式:ABA-665C
  • 排気量:6,591cc
  • 最高出力:465[632]/5600
  • 最大トルク:820[83.6]/1500
  • 車両重量:2,650kg
  • 0-100加速:4.6秒
  • 車両本体価格:3490万円(税込)

スペックからロールスロイスですね。(語彙力)

 

 

価格もサイズも回帰量もぶっ飛んだ、超高級車であります。

しかし、僕だったら同じ価格帯で考えるならフェラーリであったりランボルギーニを選ぶところ、彼はロールスロイスを選んでおり、その理由もかっこよく、彼の美学を感じるものでした。

 

この動画を見ている限りROLANDさんの発言の中には知性やカリスマを感じる部分が多々あり、僕と同じ年(彼と僕はは1992年生まれ)とは少し思えない考え方であることがうかがえます。

歌舞伎町という刹那的な関係ばかりの環境だからこそ歴史や思いの籠ったモノに心惹かれると語っており、愛車ロールスロイスに関してもホストである自分と重ね「堂々と売れ残りたい」と言っており、割り切った販売姿勢に強く共感しているようです。

また、4000万を超える高級車に彼は自分を奮い立たせるためにこんなものを刻んでいます。

サインと日付。

この日付にも大きな意味があり、その意味を知った時ちょっと僕は震えましたね。

購入日じゃないですよw

ホストなんてのは日陰モノの仕事だという人がいますし、お金を稼ぐことのできる仕事だと勘違いしている人もいます。

僕は随分昔、夜の世界にいたことがありますが、どんな世界でもお金をもっている人なんてのは一握りな訳です。そして華やかに見えるお水の世界はドロドロの世界です。

しかしながら接客については一流でないといけません、夢を、非現実を、娯楽を与える職業。それがホストやホステスに代表されるお水の世界。

おそらく彼は整形をしていますが、それはホストとなった彼の美学であり、ブランディングの一環でもあるので今後彼の活躍に期待したいところです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。