Instagram自動集客化ツール

[動画]メルセデスベンツ最高峰のマイバッハのSUVの動画をキャッチ。これはやばいわ。

メルセデスベンツのマイバッハブランドからSUVが登場。「メルセデスマイバッハ・アルティメート・ラグジュアリー」

中国市場で売り込みたいとのことながら是非日本でも販売してもらいたい車ですね、買えないけど。

マイバッハSUVの外装はこんな感じ

Cクラスなどで使われる「ヒヤシンスレッド」とはまた違った赤で映えています。

大型でありながら流麗さもあり、どこかランドローバーヴェラールっぽさもあります。

ドアノブはヴェラールやテスラなどと同じタイプの引っ込む仕様でタッチ(もしくは、なぞる)と出てくる模様。

ヘッドライト、リアライト共に凸凹が排除されツルンとしたデザインを採用されています。

ライトデザインはどこか「アウディぽい」感じもしますね、TTっぽい。

フロントグリルは縦にスリットが入っており、新型CLSなどと共有するデザインアイコンになりそうです。

広角レンズだからか、少し小ぶりに見えますが、ライバルはベントレーのベンテイガやカリナンなど運上ブランドに対抗できる室内空間を実現しており、使い古された言葉ですが「移動するリビング」状態です。

ベースとなるGLSクラスで、これまでマイバッハといえばSクラスをベースモデルとしていましたが、SUVということでGLSと普通に「そうなるわな」のチョイス。

マイバッハSUVの内装はこんな感じ

まずは後部座席から乗り込みますが既に快適。

内装色はホワイトで非日常的な演出ですね。

左に太いコンソールがありますが、ここにはティーセットが用意されまるでリビング。

マイバッハエンブレムボタンを押すと蓋が電動で閉まりすっきりとした肘置きに早変わり。

天井は縦に二分割されたルーフが備わり開放感と明るい室内を演出。夏はさすがにシェードか何かで隠れるのでしょうが、これはいいですね。

ドアの厚みも相当厚く、NVH(ノイズ・ヴァイブレーション・ハーシュネス)も高い次元で抑えられており快適性に貢献しています。

助手席も快適な空間で、ダッシュボードは革張りに見えます。

残念ながら運転席の詳細は見えませんでしたが、デジタルメーターとスイッチ類が少ないことから最新鋭のデバイスを搭載していることは間違いなさそうです。

次ページ:価格や搭載エンジン

マイバッハSUVの価格や搭載エンジン

マイバッハSUVに搭載されるエンジンはコンセプトは完全EVで航続走行距離は500キロ。

最高馬力は740馬力とちょっと意味が分からない仕様。

実際に搭載される予想としては

6L V12ツインターボエンジン

最高馬力 650馬力

最高トルク103.5kgf・m

4.7L V8ツインターボチャージャーエンジン

最高馬力 429馬力

最高トルク 71.2kgf・m

PHV 3L V6エンジン

最高馬力 362馬力+モーター出力121馬力

最高トルク 不明

中国市場を意識するなら排気量4L以内である必要があるのでPHVが濃厚そうですね、もしくは4LV8あたりを導入するか。

マイバッハSUVの価格は?

さて、気になる価格ですが結構メディアによってばらつきがありますね。

僕の予想では3000万から4000万円ほどと予想しておきます。

ベンテイガが2695万円ですからそれを超える機能とラグジュアリー性、マイバッハのブランディングを考えるとそれくらいは行くかなと思います。

では、動画を見てみよう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。