Instagram自動集客化ツール

[動画]いつ乗る?ベンツ6輪駆動車「G63AMG 6×6の走破性能がとびぬけている件

[動画]いつ乗る?ベンツ6輪駆動車「G63AMG ×6の走破性能がとびぬけている件

メルセデスベンツ日本は四輪以上の駆動輪をもつ六輪駆動の弩級の大型オフロード車「G63 AMG 6×6(シックスバイシックス)」をアジアでは日本のみに販売を開始しました。

完全受注生産でその価格は8000万円。

悪路での性能は抜群で日本のような災害大国において個人が所有する上で最高峰の安全性の高さを誇る車です。

現在の日本に目を見渡すと地震だ、大雨で水没だ、と不安ばかりが募る状況ですが、これ一台あればなんでも解決できそうですね。

水害が起こっても、砂地を走る際でもほぼどのような道でもクリアできる実力ですし、動画内は砕石事業が盛んな栃木県での採石場にて撮影されているようなのですが、岩場を「走る事」はレクサスLXやQ7、X5など、各社が持つSUVでもできるかもしれませんが、この速度でどんどん走破して行くのはちょっと無理じゃ無いかなと思われます。

又、砂地の場合はタイヤ圧を減らしスムースに走ることが出来てかつ、減らしても戻す事もできる仕様となっています。(ドバイのような砂漠地帯の遊びでも空気圧を抜いたランクルなどが走り回っている。砂地は普通の圧のタイヤだと潜ってしまう事があるようです)

サイズもビッグサイズで「全長×全幅×全高=6000mm×2000mm×2300mm」となっており、街中はちょっとオーバーすぎるサイズです。

内装に関しても動画内で映っていますが、一世代前のメルセデスベンツEクラスのようなボタン配置でしたね。個人的にはあまり好きでは無い内装ですが、質感自体は良さそうです。

では、動画へいってみよう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。