Instagram自動集客化ツール

飲酒運転を確実に撲滅する方法を考えた。これからはこういったデバイスが必要?

今回は「飲酒運転撲滅」というテーマで考えていきたいと思います。

ぶっちゃけると僕の周りでアンケートまではいきませんが、軽く聞き込んで見ると「結構ある」のが実情。

もちろんこれは良しとしてはいけないのですが、はっきり言って正論を振りかざした所で止めるなら「最初からしていないはず」ですので軽く注意はするものの流していますね僕は。

その危険性であったり罰則を伝えても「自分ならセーフ」「逃げれば良い」と考える人間がいるのも事実でその驕りによって当人が罰せられるだけなら良いのですが、被害者を生み出す恐れだけはなんとしても無くならないかなあと思い考えたのですが

僕が考えた方法、案などは完全に僕の主観だけですので正しいだとかそんなことは一切わかりません。

飲酒運転を撲滅する具体例。

僕が考える案には今は無い(もしかしたらある?)デバイスが必要となりますが、そのデバイスとワンアクションで飲酒運転をほぼ撲滅できるんじゃないか?と考えています。

それは「虹彩認証(映画などで目をかざすと本人確認ができるもの)+呼気からアルコールを検出する機能を『一体化』したマスク」

これが運転席に固定されており、起動させ認証されないと車が動かない。というデバイスがあればほぼ解決じゃね?と

虹彩認証は所有者、使用者のものを事前に登録しておくことで車が利用されることに制限をかけ(盗難被害や免許証を持たない未成年が運転するなどを防止することに貢献できる)自由度は減るものの致し方ない部分なので我慢してもらう。

飲酒運転はアルコールを摂取した人がハンドルを握らなければいいので、チェッカーを先述の虹彩認証にドッキングさせることで「飲酒した運転者の目を使って、非飲酒者(例えば居酒屋の店員や運転免許を持たない飲めない人)の息」という抜け穴を潰す意味合いがあります。

面倒ではありますが自動車を新車・中古問わず購入時点で購入者・使用者の虹彩認証を義務化しメーカーはデバイスを運転席に設置すればほぼ解決ですね。

ここまでしなければ飲酒運転は無くならない。

図らずも盗難や免許証を持たない人の運転までも防げてしまうデバイスを考案してしまったわけですが、ここまでしなければならないのか?と思っちゃいますよね。

でも僕が思うに倫理やモラルの向上には限界があると思います。

人を殺すかもしれない道具を扱う訳ですが、日常生活にあまりにも馴染みすぎた「運転」という行為に麻痺している僕らには丁度いいのかもしれないなあと

罰則についても「飲酒運転したものには二度と免許証を発行しない」くらいの罰則を設けることで「したら終わり」という罰を用意してもいいかもしれません。

まとめ

僕はベロベロになった状態で運転席に座った事があります。

エンジンはかけずステアリングを握ってみるとどうにも感覚がフワフワしていてペダルに足を置いても設置感が薄く夢か幻の様な感覚になったのを強く記憶しています。(ちなみにそのまま運転席で寝ました)

あの状態で公道へ出ること、そして一度車を動かし運良く家に帰る事ができた場合、僕はきっと「自分は飲酒でもある程度なら運転できる、俺ならできる」と勘違いし、命を奪うか多きな罰を受けるかしないと治らないと思ったのですが、勘違いは自分で気づく事が出来ないのであの時そのまま寝て良かったと思います。

繰り返しになりますが倫理やモラルは「勘違い」ですぐに崩れ去ります。

「この前飲酒運転で帰ったよ」という人に注意したって止めませんし罰しか薬にならない人も居ます。

最後に飲酒運転の刑事罰を貼っておきます。

2007年9月19日の道路交通法改正施行により、酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」へとさらに厳罰化された。また、飲酒検知を拒否した場合も「3月以下の懲役又は50万円以下の罰金」と強化された。

自動車の運転に関し、運転者に飲酒運転を下命しまたは容認した、自動車の使用者安全運転管理者等も含む)も処罰される。

なお、2007年9月19日の道路交通法改正により、飲酒運転をするおそれがある者への車両または酒類の提供をした者や、その者に同乗しまたは運送を要求した者も、個別に処罰されることとなった

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。