Instagram自動集客化ツール

サーバー容量0による500 Internal Server Errorでワードプレスの管理画面及びページが触れなくなった時の解決法

気になる事

ある日突然”500 Internal Server Error”という画面が出てワードプレス管理画面に入れなくなった。

ページが全部”500 Internal Server Error”と表示された。

すぐに解決したい!!

当記事では上記の”500 Internal Server Error”が発生し丸1日放置してみたけど、何も進捗がなかった藤鴎外@fujiougai解決した方法をご紹介します。

最初にこの画面見たときは最近噂のサーバー攻撃か何かだと思っていたのですが、全然関係なくて完全に自分のミスでした。

結論から言うと「UpdraftPlus」というプラグインが正常起動していたら誰にでも起きうるトラブルだった模様。

このプラグインはバックアップを自動でとってくれるという便利なものですが、それがサーバーを圧迫していた様です。

僕はこのパターンでしたが、様々な要因があるので「一つの解決方法」として使ってもらえればと思います。

前提条件として

  • プラグイン「UpdraftPlus」を導入している
  • エックスサーバーを使用している
  • ワードプレスを使用している

この3つの条件にあてはまるのであれば解決できると思われます。

以下エックスサーバーのトラブルのマニュアルです。

CGIやPHPの同時接続数が多くなり、アカウント単位のリソース制限となっている
PHPへのアクセスにおいて「500 Internal Server Error」エラーが発生し、エラーログ上に「Resource temporarily unavailable」が表示される場合はこちらに該当します。

また、CGIへのアクセスにおいて断続的に「500 Internal Server Error」エラーが発生し、CGIが実行できるときとできないときがある場合もこちらに該当する可能性があります。

プログラムへのアクセス集中等により発生しますが、すでに稼働中のプロセスが終了し、リソースに余裕が生じるととともに自動的にエラーは解消されますので、しばらくお待ちのうえ、改めて状況をご確認ください。

あわせて、CRONで頻繁にコマンドを実行されている場合、実行頻度を調整するなどご検討ください。

プログラムの記述内容(CGI/PHPのソースコード)に誤りがある
CGI、PHPへのアクセスに際して「syntax error」「Call to undefined function ******()」「failed to open stream」などのエラーが発生している場合、ご利用のプログラムにおける記述上のミスや必要ファイルの不足、PHPバージョンの相違等によりエラーが発生している可能性が考えられます。

※エックスサーバーではCGI、PHP等のプログラムに関する技術的なサポートはいたしておりませんので、ご了承ください。

.htaccessの記述に誤りがある
.htaccessに対するエラーにて「Invalid command ‘*****’」や「Expected </IfModule> before end of configuration」などがエラーログにある場合、.htaccessの記述が誤っている可能性が考えられます。

また、「php_flag」などのPHPに関する各種設定を.htaccess上に記述した場合もエラーが発生します。PHPの設定は「php.ini設定」にて行ってください。

※エックスサーバーでは.htaccessファイルの記述ルールに関する技術的なサポートはいたしておりませんので、ご了承ください。

パーミッションに誤りがある
CGIのパーミッションが適切に設定されているかご確認ください。
関連マニュアル:パーミッション

また、エックスサーバーではセキュリティ上、ユーザー/グループに実行権限のあるパーミッション(777など)ではプログラムは実行できません。

CGI/PHPファイルのパーミッションが 777 の場合や、パーミッションが 777 のフォルダ上にプログラムを設置している場合、エラーが発生しますのでご注意ください。

読んでみても僕には全然意味がわかりませんでしたが、バックアップを消したらすぐに解決したので特に深く考えなくてもOKっぽいです。

なぜ500 Internal Server Errorが出たのか?

ある日突然ワードプレスにログインはおろか記事ページも飛んでしまったので検索しまくって解決しましたが、テクニカルな解決方法ばかりが検索上位に来ていて深く掘り下げて検索したので分かり易く「サーバー容量の不足による500 Internal Server Error」の解決方法を説明します。

今回の僕の場合はバックアップが容量を圧迫していた。

先述のように前提条件としてプラグイン「UpdraftPlus」を導入している方向けです。

何故なら先述の様にこのプラグインが正常起動してバックアップをしているために起こるものだからワードプレス1年未満の方だと起こり得る内容化と思います。

僕の場合はバックアップがサーバー内容量を圧迫していたので500 Internal Server Errorが表示されていました。

別のパターンもある。

上記のパターン以外のエラーも十分に考えられるので、今回のパターンじゃない場合はこちらも参照ください。

エックスサーバーの500エラー速攻解決!WordPressのホームページが見れなくなった時の解決方法!

↑リンクのパターンはエラーログから原因確認→対策という王道の解決パターンなので、こちらのエラーの可能性もあり得るみたいです。

500 Internal Server Errorの解決方法

前置きはこれくらいにしておいて解決方法を書き出していきます。

まずはサーバー容量を確認する

まずこの画面が出た際は何かを変更するなどの「操作」は行わず確認作業から入ってください。

僕はよくわからずにいろんなものを弄ってしまったので元に戻すのに四苦八苦しました。

確認するのはまず

エックスサーバーのサーバーパネルへ行く。

1のディスク容量が異常に膨れ上がっていないか?

2が重要で空き容量は「0」になっていないか?を確認してください。

ここで0になっている場合は以下の対策ですぐにブログが見られるようになります。

1の容量が膨れ上がっている場合もいつこのエラーがでてもおかしくないので対策しておくことに越したことは無いです。

サーバー容量が0だったらFTPソフトをダウンロードしよう

さて、では具体的な対策を書き出します。

まずはFTPソフトをダウンロードしましょう。

FTPソフトのことは簡単に言えばページにいけなくても中身を弄ることが出来るソフトと認識してください。

僕がダウンロードしたFTPソフトはFFFFTPです

今さら聞けない!FFFTPの使い方

細かなダウンロード方法はこちらを参照してください。

FTPソフトの使用方法。

FFFTPをダウンロードできたら、あとはエックスサーバーからのメールを確認しましょう。

メールのタイトルは各々違ったものだと思われますが、最初の方の[重要]と書かれたメールだと思われます。

僕の場合はこんな感じ。

このメールから

サーバーIDとサーバーパスワード

を確認しておいて

FTPソフトを開きます(FFFTPの場合はカラフルなアイコン)

左上の「接続」→「新規ホスト」→入力画面となります。

ホストの設定名は好きにつけてもらって

ホスト名(アドレス)→ここだけエックスサーバーのサーバー情報にホストアドレスが載っています。

ユーザー名→サーバーID

パスワード:サーバーパスワード

は先ほど確認したメールにありますので入力してください。

それから接続しますが、ファイルが多く混乱するかもなので手順を書き出します。

右側画面に乗っている自分が使用中のドメイン名をクリック。

public html

wp contect

updraft

backup_2018-10-18-1745_~~~~~~~~~~~みたいなのがバックアップです。

これらをとりあえず古い順に削除していくとサーバー容量は戻っていきダウンしたサーバーが元に戻ります。

僕は4月から始めたので直近10月までのバックアップを消しました。基本は自己責任でお願いします。

以上です。お疲れさまでした。

最後に解決した後の対策方法。

プラグイン「UpdraftPlus」からバックアップの削除もできるので定期的に管理しておけばわざわざFTPソフト開かなくて楽なので、ここを徹底することをオススメします。

あとはバックアップを取る頻度を下げるとか。

解決方法は分かったもののアクセスはめちゃくちゃ減るわ、収益も減るわで1時間でもダウンしたらかなり損ですからねw

特に写真ファイルなどが多いブログなどだと積み重なってバックアップの度の激増しますのでサクっと消していくことで対策できそうです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。