Instagram自動集客化ツール

エナジーモータースポーツが手掛けるi8がカーセンサーに登場。やばすぎないですか。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

カーセンサーで見つけてしまったのですが、BMWのiブランドフラッグシップモデル i8のベースモデルが販売されているではありませんか!!

実はこのモデル楽天オークションにも出品されていたモデルで、走行1000㎞か1か月しか保証できないというちょっと残念なモデルでありました。

販売価格は2,019万円、総支払額が2,050万円と中古の割に強気な値段。

新車車両本体価格だけで2093万円のi8ですが、その強気な価格設定には理由がありました。

エナジーコンプリートカーEvo i8 そら高いわな。

まずは「ノーマル」のフロントをみてもらうとこんな感じ。

「エナジー・モーター・スポーツ」カスタムのフロントはこんな感じ。

攻めたスタイリングを持つi8ですね。

それもそのはずでこの中古車はエナジー・モーター・スポーツさんがカスタムした「エナジーコンプリートカーEvo i8」で、東京オートサロンにも出展されたデモカーだそうです。

エナジー・モーター・スポーツさんのカスタムするモデルはHPを見てもらうと分かるのですがとんでもなくかっこいいです。

価格は全て含んだカーボンリアウィングとボディキットセットで158万円と、ここまでかっこよく迫力のあるカスタムができるなら「出しても価値あるよね」と思える価格。工賃を含んでいるのかは不明ですが、i8買う人だったら問題なさそうなイケそうですよね。

「ノーマル」横から見た感じ

「エナジー・モーター・スポーツ」カスタムの横から見た感じ

手が加えられていない場所の方が少ないんじゃないか?と思うほどガチガチにカスタムされてます。

フロントバンパーやグリル付近も過激ですね。ノーマルもノーマルで十分にかっこいいのですが男の子が好きな感じのカスタムであります。

まずは「ノーマル」のリアをみてもらうとこんな感じ。

「エナジー・モーター・スポーツ」カスタムのリアはこんな感じ。

エナジーモータースポーツさんがカスタムを行うと内装もゴテゴテにアルカンターラバリバリ、カーボンバリバリになるのですが、ここはあまり触らなかった模様。

エナジーモータースポーツさんのインスタグラムも見ごたえがありますのでどうぞ!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。