さすが光岡自動車、NDロードスターをベースにC2コルベットのような1960年代の車「ロックスター」を発表。

さすが光岡自動車、NDロードスターをベースにC2コルベットのような1960年代の車「ロックスター」を発表。

どうも藤鴎外@試すブロガー@fujiougaiです。

いや、まじで今国産でラインナップされている車の中で最もかっこいいロックなやつちっても過言ではないモデルが発表されましたね。

それもあまり大きくはない企業が。

光岡自動車 デビルマン オロチを発表。世界に一台、1968万円。

2018.09.07

まずはこの動画を見てくださいよ!!

この動画激渋でしょ?

ちなみにグレード展開は三種類。

  • S:4,688,200
  • S Special Package MT:4,983,800
  • S Special Package AT:5,183,600

マツダのロードスターに準じている模様。

「理屈じゃ、幸せになれない。」

ロックな一言ですね。男のロマンって感じです。

オプションなども凝っていて、絶対着けたいのがヴィンテージタイヤですね。

内装のレザー化も魅力的で、どうせ長く乗るならレザーの装備も着けたい。

カラーバリエーションは6種類

  • シカゴレッド
  • ニューヨークブラック
  • ロサンゼルスブルー
  • ワシントンホワイト
  • シスコオレンジ
  • アリゾナイエロー

個人的にはグリーン系のカラー展開が欲しいですね。

何やろミシガングリーンとか?

オプションは帆の色やBピラーのカラーミラーのカラーなども選べるようです。

乗り出し500万で乗れるならまじで購入したい一台ではあります。

これいつ乗ってもかっこいいと思いますし、ベースカーもマツダロードスターなら安心ですしね。

というか、マツダロードスターの派生多くないですか?

光岡で言えばヒミコもそうですし、アルファ124スパイダーなんかも。

素体のバランスが良いからこういうの出来るんでしょうね!

僕はまだロードスターの試乗は出来てないので、一度試してみたい所です。

公式サイトに専用ページも特設されていますのでこたらで楽しめますぞ!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

藤鴎外です。 特段森鴎外のことは好きではありませんが、鴎外の響きにやられてしまいました。 ブルーワーカー系ブロガーで、青い服着てドロドロになりながら試乗記事なんかを書いています。